「かゆい・しみる」白髪染め・ヘアカラーのこのお悩みの原因と防ぐ方法とアイテム

白髪ケア
ナヤムさん
ナヤムさん

たまにヘアカラーを染めるとピリピリ…どんな時に反応するのかわかりません…

何か回避する方法を教えてください。

ヘアカラーをし続けていくと今までは平気だったのに、ある日突然しみる・不快感を感じてしまう・後日かゆみをともなってしまうことがあります。

この現象は様々な原因が考えられ、なぜ起きるのかをしっかり理解することで回避することも可能です。

今回の記事では【「かゆい・しみる」白髪染め・ヘアカラーのこのお悩みの原因と防ぐ方法とアイテム】と題して解説。

最後にこのお悩みの方にオススメな商品もご紹介していきます。

この記事を書くのは】

Twitterアカウント @gaguar_tw

スポンサーリンク

白髪染め・ヘアカラーが「かゆい・しみる」とは?

ヘアカラー・白髪染めをすると「頭皮がしみる」「頭皮が痒い」「発疹」「腫れ」などといった症状が起こる事が。

もちろんその方にもよりますが、しみるとは「ヒリヒリ」したり「ピリピリ」する事です。これを刺激性接触皮膚炎と言います。

この反応はヘアカラーをつけてからすぐにや、塗布中に症状が出ることが多くなります。

カラーで起こるこれらの症状は「アルカリ」による反応となります。

カラーの際にかゆい・しみるの原因と回避するチェックポイント

最初に普段「カラーをしみる」と感じている方に「チェックしていただきたいポイント」をお伝えしていきます。

体調が万全でである

ここ数日の間に体調の変化がなかったか、花粉症などのアレルギー症状はないか、風邪をひいていないかなどを思い出し、もし何か思い当たる節があれば、カラーは先送りにするのがオススメ。

免疫力が弱まっている時にはしみたりかゆみが出る恐れがあります。

頭皮と肌が敏感になっていない

頭皮のコンディションをチェック。地肌の色が青白~透明感のある白ならOK。もし頭皮の色に赤みや乾燥してフケやかゆみが出ている、吹き出物や傷があるようなら要注意。

こんな時は肌が敏感になりやすく、アレルギーにつながる可能性があります。

前回のヘアカラーから75日以上

肌の負担を考えるとヘアカラーの間隔は、肌のターンオーバーの周期に1回くらいがおすすめ50代では約75日60代では約90日を目安に。そんなに待てないという場合は「ヘアカラートリートメント」や「ワンデイヘアカラー」と言われるその日のうちに洗い流せるヘアカラー剤で代用をしましょう。

※後ほどおすすめアイテムをご紹介しています。

ヘアカラーの直前に髪を洗わない

普段わたしたちの頭皮は頭毛穴の皮脂腺から出ている自分の皮脂で頭皮のバリア機能を維持し、カラー剤から頭皮をプロテクトしています。

本当は染める直前にシャンプーしてはいけないというのはもちろん、できれば染める前24時間は洗わないでおきたいところ。

はじめてのカラー剤の時はパッチテストをする

アレルギーを確認するうえで、最も信頼できる方法です。自宅でカラーリングするときは、商品変えた時などは必ず行いたいパッチテスト。

染める前に、すごく少量のカラー剤でテスト液を作り、手首裏の内側に薄く塗り絆創膏を貼ります。そのまま40分ほど時間が経過してからの反応を確認。湿疹やかゆみなど、何も生じなければ安心です。

美容室のカラーでかゆみを・不快感を感じたら

正直なところここはヘアカラーが途中でも流す(シャンプーする)しか解決方法はありません。

塗っている途中に不快感やカユミを抑える方法はないのです。

多くの方が中途半端なヘアカラーのほうが嫌なのでカユミ・不快感を我慢されてからシャンプーする事になっています。

なので事前には「今日ヘアカラーがしみてしまう可能性がないのか」を、先程のチェックポイントを参考に自分でチェックするしかないのが現状です。

美容室でカラーでしみるを防ぐ方法

美容室のスタッフの方にヘアカラーが「しみやすい」ことを伝えれば以下の対処方法をしてくれます。

肌につかないヘアカラーテクニック

→ギリギリ肌につかない「ゼロテクニック」と言われるカラーの塗り方があります。ただし、流しの際には頭皮に一瞬ついてしまうので注意も必要です。

マニキュアやヘナなどの頭皮に影響のないカラー剤を使用する

→どちらもアルカリカラーとは違い頭皮や髪に悪い影響はありません。ただ白髪には着色しますが、黒髪を明るくすることができず、うっすら色づくくらいの効果しかありません。白髪の割合が多い方にはオススメな染め方です。

【ヘナカラー】

体や髪に優しく。アレルギーもおきないヘアカラーをお探しの方には【ヘナカラー】がオススメです。ヘナは植物成分100%のやさしい成分でできていて、お肌が敏感な方にオススメです。

【ヘアマニキュア】

酸性染毛料(ヘアマニキュア)は、髪の毛の内部にあるメラニン色素は脱色しないで染料を浸透させます。

白髪はしっかり染まり黒髪は明るくなったりはせずにほんのり色がつく優しい染め上がりです。染めたての頃はシャンプーのたびゆっくり色が落ちていきます。皮膚アレルギー試験(パッチテスト)は必要ありません。髪へのダメージがないのも特長です。

頭皮用の保護スプレーを使用する

→頭皮にオイルを塗るスプレーです。先に自分の皮脂が頭皮のバリア機能を持っていることをお伝えしましたが、このオイルスプレーはその機能を強化してくれるもの。

多くの方がこのスプレーで「かゆみ・しみる」が収まります。

美容師さんの技術や防ぐアイテムのセレクトにもよりますが、しっかり伝えることでヘアカラーのしみるを防ぐことができます。

トラブルのない自分で染めることができるヘアアイテム

頭皮への刺激がないセルフヘアカラー用のアイテムをご紹介。美容室の合間に使うことでカラーをしない期間を伸ばすことができますし、経済的にもお肌にも優しい商品です。

カラートリートメントオススメは『KAMIKA カラートリートメント』

カラートリートメントの中でも『染まりが良い!』と評判なのが【KAMIKA カラートリートメント】現在は購入できるのは公式サイトのみとなっています。旧商品はAmazon、楽天市場にて取り扱いがありますが、パワーアップされた今回の新商品をオススメします。

Amazon¥なし
楽天市場¥なし
Yahoo!ショッピング¥なし

KAMIKA白髪染めカラートリートメント 参考価格 ¥5,800→初回限定のクーポンで¥2,470

 回数のしばりはありません♪ /

KAMIKA白髪染めカラートリートメント

購入者
購入者

染料特有のツンとする香りはなく、色も馴染みやすく自然な仕上がり潤いを実感でき艶やかでなめらかな手触り!トリートメント感覚で手軽に白髪染めでき傷んだ髪もWでケアできる優れもの用意しておくものとして、コームや容器、シャワーキャップもあると便利だと感じました。

購入者
購入者

フローラルフルーティの香りですがほとんど香りがないので香りがきついものが苦手という方には特におすすめします。

特に顔周りは染まりにくいのですが、こちらのトリートメント1回目で染まりやすいと感じました。

コチラの記事で更に詳しく解説しています↓

【スティック タイプ白髪隠し】綺和美 (KIWABI) Root Vanish ダークブラウン

ノック式筆タイプで旅行やお出かけの際にも便利なサイズ。

出張などの出先で塗るだけで手軽に白髪かくしが可能です。筆タイプなので、もみあげだけ や、生え際だけ、など部分的にもお使いいただけます。

現物も確認し使用しましたが、プロの目線で見て商品クオリティーはかなり高く、効果も期待以上でした。

カラーは白髪染めをしている人の色合いに合わせた3色からセレクトができます。

1番お得に購入ができるのは【公式サイト】です。理由としてはシンプルに定期購入などで価格がお得である事です、この定期購入は2人に1人が選んでる優良サービス。あとはたまにあるECサイトでの偽物の心配がない点があげられます。

購入の登録も5分もあれば完了するので、公式のサイトでの購入のをオススメします♪

サイト参考価格
公式サイト¥4,378 定期購入なら-10%¥3,940
Amazon¥4,378
楽天市場¥4,378
Yahoo!¥4,378
\ 気になる白髪ストレスもコレで解決 !白髪染め口コミ人気第1位!購入は公式サイトがオススメ /

KIWABI ROOT VANISH 白髪隠しカラーリングブラシ

【マスカラタイプの白髪隠し】ドクターシーラボ ボタニカルヘアマスカラ

出典Amazon

自然由来成分95%配合。髪と頭皮へのやさしさを一番に考えたこだわり処方で、白髪をカバーするたびに、しっとり艶々の美しい髪へ整えます。
ブラシに角度を付けているので、髪の根元にしっかりとフィット。目立つ顔周りの生え際や分け目の白髪が塗りやすく、狙ったところをピンポイントでカバー。使うたびにだんだん目立たなくなります。
ラベンダーとユズの精油の香りで、ツンとした嫌なニオイなし。

参考価格 ¥2,480

Amazon>>ドクターシーラボ ボタニカルヘアマスカラ

白髪を目立たなくさせるシャンプーKIWABI ROOT VANISH

白髪染めトリートメント購入してみたけど少し実感効果ができない…思うように色がついてくれない…

こんなお悩みの方にオススメしたいのが【白髪染めカラーシャンプーKIWABI ROOT VANISH

白髪染めシャンプー【KIWABI ROOT VANISH】とは

髪・頭皮にやさしい無添加・ノンシリコーンで毎日でも使え「未来の髪の健康」をサポートしてくれる白髪染め専用のシャンプーです。

このシャンプーには「8種類の天然植物由来エキス」が使うほどに髪をケア・補修し、 悩みの多い大人髪を「ツヤやかで健康的な髪」に整えます。

シャンプーの96%が美容成分でできており、 白髪がシャンプーするたび、じっくり綺麗に染まる白髪染めシャンプーです。

白髪染めカラーシャンプーKIWABI ROOT VANISHは以下のような方にオススメな商品です。

  • おうちで手軽に染めたい方
  • ヘアカラーのダメージにお悩みの方
  • 忙しく頻繁に美容室になかなか行けない方
  • 徐々に白髪を染めたい方
  • ヘアカラーでしみていた・かぶれてしまった方
  • 美容室のカラー価格に不満があり、コスパの良い白髪染めの方法をお探しの方
  • トリートメント効果を白髪染めにお求めな方
先生
先生

上記が思い当たる方も多いはずです。いくつか具体的に見ていきましょう。

KIWABI ROOT VANISHのカラーバリエーションは3種類、ご自分の髪色に合わせてお使いいただけます。

  • ブラック…ヘアカラーをしていない方
  • ダークブラウン…9LV以下のヘアカラーの方はコチラの色味をセレクト
  • ライトブラウン…9LV以下のヘアカラーの方はコチラの色味をセレクト

気になる染まっていくイメージは以下の写真を参考に。日数の経過などに注目してみていきましょう。

シャンプーする回数・染める回数などによって色の深さが変わってきます。「染まりすぎている・暗くなりすぎている」と感じたらしばらく使用をやめて様子を見てみましょう。

公式サイトならなら各ECサイトよりもお得な価格で購入できます

参考価格 ¥5478

まとめ

今回の記事ではヘアカラーをする方の中に多い「ヘアカラー・白髪染めの予防かゆい・しみるをを回避するチェックポイントとアイテム」を解説させていただきました。

かるくおさらいすると

カラーの際にかゆい・しみるをを回避するチェックポイント

■体調が万全でである

■免疫力が弱まっている時にはしみたりかゆみが出る恐れがあります。

■頭皮と肌が敏感になっていない

■前回のヘアカラーから75日以上

■ヘアカラーの直前に髪を洗わない

■はじめてのカラー材の時はパッチテストをする

美容室での具体的な対処方法

■肌につかないヘアカラーテクニック

■マニキュアやヘナなどの頭皮に影響のないカラー剤を使用する。

■頭皮用の保護スプレーを使用する

記事を参考にしてみてください。

「しみやすい・カユミがでる」方にとってヘアカラーはストレスを感じてしまうものだと思います。

今回の記事を参考に少しでもストレスのないヘアカラーを実践していってください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

美容室のご予約はホットペッパービューティーがオススメ!

あなたのお悩みをプロの美容師さんにさ相談してみましょう!ヘアスタイルは10万点以上、24時間いつでもネット予約OKです。

はじめてのご登録の方でも簡単登録♪

\ご予約は★国内最大級★ホットペッパービューティーで!/

コメント

タイトルとURLをコピーしました