【勘違いも…】カラートリートメントとヘアカラーの違いとメリット・デメリットは何?【美容師解説】

※本サイトはPR広告を利用しています

白髪ケア

髪を染める方法には、「ヘアカラー」だけでなく「カラートリートメント」がありますが、これらの2つの方法には何が違うのでしょうか?

髪の色を変えるために使用される両方の方法には、それぞれ異なる特徴やメリットがあります。

この記事では、カラートリートメントとヘアカラーの違いについて詳しく解説し、どちらが自分に合っているかを判断するための判断基準をお伝えします。

髪の色を変える際に、正しい方法を選ぶことが、美しい髪を保つために重要です。

この記事を書くのは】

Twitterアカウント @gaguar_tw

スポンサーリンク

カラートリートメントとヘアカラーの違い

ヘアカラー

ヘアカラーは、髪の毛に色素を添加するために化学染料を使用する方法です。

ヘアカラーは、日本人の黒い髪の色を根本的に変えることができ、明るくしたり、暗くしたり、異なる色に染めたりすることができます。ヘアカラーは、通常は髪の毛に直接塗布され、一定期間放置し、洗い流されます。

ヘアカラーは、カラートリートメントよりも長持ちし、髪の色が褪色するのにかかる時間が長いことが多いです。

つまり、カラートリートメントは、髪の色を補強したり、色の鮮やかさを強化するために使用され、ヘアカラーは、髪の色をしっかりと変えるために使用されます。

先生
先生

また、カラートリートメントは、シャンプーやコンディショナーのように使用され、栄養成分を含んでいますが、ヘアカラーは、髪の毛に直接塗布され、化学染料を使用するため、髪の毛を傷める可能性があります。

カラートリートメントとヘアカラーは、両方とも髪の色を変えるもしくは白髪を染める方法ですが、その効果や使用方法に違いがあります。

カラートリートメント

カラートリートメントは、髪に色素を加えるためのトリートメントで、色落ちの早いタイプのヘアカラーと考えることができます。

通常、髪の色を明るくするためのものではなく、色味を補強したり、白髪を染めたり、色の鮮やかさを強化するために使用されます。

先生
先生

カラートリートメントは、シャンプーやコンディショナーのように使用し、栄養成分を含んでいるため、髪に栄養を与える効果もあります。ただし、カラートリートメントの色は、洗髪や時間とともに徐々に褪色します。

ヘアカラーのメリット・デメリット

ヘアカラーは、髪の毛の色を染める施術です。髪の毛の色を変えることで、印象を変えたり、おしゃれをしたりすることができます。

ヘアカラーには、以下のメリットとデメリットがあります。

メリット

  • 印象を変えることができる

ヘアカラーは、髪の毛の色を変えることで、印象を変えることができます。髪の毛の色を明るくすることで、明るい印象を与えたり、髪の毛の色を暗くすることで、落ち着いた印象を与えたりすることができます。

  • おしゃれを楽しめる

ヘアカラーは、おしゃれを楽しむ方法のひとつです。季節に合わせて髪の毛の色を変えたり、トレンドの髪色を取り入れたりして、自分らしさを表現することができます。

  • 白髪をカバーできる

白髪染めは、白髪をカバーするためのヘアカラーです。白髪を染めることで、見た目年齢を若く見せたり、白髪が目立たないようにしたりすることができます。

デメリット

  • 髪の毛にダメージを与える

ヘアカラーは、髪の毛の表面にあるキューティクルを傷つけることで、髪の毛の色を染めます。そのため、ヘアカラーを繰り返すことで、髪の毛にダメージを与える可能性があります。

  • 費用がかかる

ヘアカラーは、美容院で施術してもらうと、1回あたり5,000円〜10,000円程度の費用がかかります。

  • アレルギー反応が出る可能性がある

ヘアカラーの薬剤には、アレルギー反応を引き起こす可能性がある成分が含まれています。そのため、ヘアカラーを利用する際には、アレルギーテストを行うことが大切です。

メリット

  • 外見を変えることができる。
  • 年齢や肌色、ファッションに合わせて髪色を選ぶことができる。
  • 気分を変えることができ、自信を持って自分を表現することができる。

デメリット

  • 髪のダメージを引き起こすことがある。
  • 頻繁に染めると、髪が脆くなることがある。
  • アレルギー反応を引き起こすことがある。
  • 染めた髪の色落ちが早い場合がある。

カラートリートメントのメリット・デメリット

カラートリートメントは、髪の毛の表面に色を乗せる施術です。ヘアカラーと異なり、髪の毛の内部に色素を浸透させるため、ダメージが少なく、繰り返し使用することができます。

カラートリートメントには、以下のメリットとデメリットがあります。

メリット

  • ダメージが少ない

カラートリートメントは、ヘアカラーと異なり、髪の毛の内部に色素を浸透させないため、ダメージが少ない施術です。そのため、髪の毛が傷みやすい人や、ヘアカラーのダメージが気になる人におすすめです。

  • 繰り返し使用できる

カラートリートメントは、ヘアカラーと異なり、髪の毛の内部に色素を浸透させないため、繰り返し使用することができます。そのため、髪の毛の色を少しずつ変えたい人や、白髪を徐々にカバーしたい人におすすめです。

  • 自宅で簡単にできる

カラートリートメントは、ヘアカラーと異なり、自宅で簡単に行うことができます。そのため、忙しい人や、美容院に行く時間がない人におすすめです。

デメリット

  • 色落ちしやすい

カラートリートメントは、ヘアカラーと異なり、色素が髪の毛の内部に浸透していないため、色落ちしやすいというデメリットがあります。そのため、色持ちを重視する人は、ヘアカラーを検討したほうがよいでしょう。

  • 白髪が完全には染まりにくい

カラートリートメントは、白髪を完全に染めるのは難しいというデメリットがあります。そのため、白髪を完全に染めたい人は、ヘアカラーを検討したほうがよいでしょう。

メリット

  • カラートリートメントは、手軽にカラーを行うことができます。髪に直接塗布するだけで、鮮やかな色味を表現することができます。
  • 髪へのダメージが多い通常のカラーリング剤に比べ、髪に与えるダメージが少ないため、髪質が傷んでいる方でも安心して利用することができます。
  • 毛先のカラーリングに最適でカラートリートメントは、髪の表面に色を付けるため、流行りのインナーカラーなどの毛先のカラーリングに最適です。毛先だけを染めることで、顔周りやヘアスタイルのアクセントにすることができます。
  • カラートリートメントには、白髪染め効果があるものもあります。白髪を気にしている方は、カラートリートメントを利用して、白髪を自然にカバーすることができます。

デメリット

  • カラートリートメントは、通常のカラーリング剤に比べ、色落ちしやすい傾向があります。そのため、持続性が短いというデメリットがあります。
  • カラートリートメントは、発色が弱い傾向があります。鮮やかな色を表現したい場合は、何度か重ね塗りする必要があります。
  • 髪質によって、カラートリートメントの色味が変わることがあります。そのため、髪質に合わせた色味を選ぶことが大切です。

カラートリートメントの種類と違い

種類特徴
酸性カラートリートメントダメージが少なく、繰り返し使用できる
アルカリカラートリートメント色持ちがよく、白髪も比較的染まりやすい

カラートリートメントには、大きく分けて以下の2種類があります。

1. 酸性カラートリートメント

酸性カラートリートメントは、髪の毛の表面に色素を付着させるタイプのカラートリートメントです。ヘアカラーと比べてダメージが少なく、繰り返し使用することができます。

特徴

  • ダメージが少ない
  • 繰り返し使用できる
  • 色落ちしやすい
  • 白髪が完全には染まりにくい

2. アルカリカラートリートメント

アルカリカラートリートメントは、髪の毛の内部に色素を浸透させるタイプのカラートリートメントです。ヘアカラーと比べて色持ちがよく、白髪も比較的染まりやすいです。

特徴

  • 色持ちがよい
  • 白髪も比較的染まりやすい
  • ダメージが大きい
  • 繰り返し使用が難しい
先生
先生

カラートリートメントを選ぶ際には、自分の髪の毛の状態や、染めたい色、求める仕上がりに合わせて、種類を選ぶことが大切です

カラートリートメントとヘアカラーのコスパの違い

カラートリートメントとヘアカラーのコスパの違いは、以下のとおりです。

カラートリートメント

  • 1回あたりの費用が安い
  • 頻繁に使用してもコストを抑えることができる

ヘアカラー

  • 1回あたりの費用が高い
  • 頻繁に使用するとコストがかかる

カラートリートメントは、ヘアカラーよりも1回あたりの費用が安く、頻繁に使用してもコストを抑えることができます。一方、ヘアカラーは、1回あたりの費用が高いため、頻繁に使用するとコストがかかります。

カラートリートメントの費用

カラートリートメントの費用は、商品によって異なりますが、1,000円〜2,000円程度が相場です。

ヘアカラーの費用

ヘアカラーの費用は、サロンで施術してもらうと、1回あたり5,000円〜10,000円程度かかります。自宅でセルフカラーをする場合は、1,000円〜2,000円程度で済みます。

カラートリートメントとヘアカラーのコスパの比較

項目カラートリートメントヘアカラー
1回あたりの費用安い高い
頻繁に使用してもコストがかかる少ない多い

カラートリートメントとヘアカラーは、それぞれにメリットとデメリットがあります。自分の髪の毛の状態や、染めたい色、求める仕上がりに合わせて、どちらがコスパが良いか判断しましょう。

カラートリートメントがコスパが良い場合

  • 髪の毛のダメージが気になる人
  • 白髪が完全には染まらなくてもよい人
  • 頻繁に髪の毛の色を変える人

ヘアカラーがコスパが良い場合

  • 白髪を完全に染めたい人
  • 色持ちを重視する人
  • サロンでプロの技術で仕上げたい人

カラートリートメントとヘアカラーの成分の違い

カラートリートメントとヘアカラーの成分の違いは、主に以下の2つです。

  1. 染料の種類

カラートリートメントは、HC染料やHC-NX染料などの酸性染料を使用します。酸性染料は、髪の毛の表面に色素を付着させる染料です。

ヘアカラーは、HC染料やHC-NX染料などの酸性染料に加えて、ジアミン系染料を使用します。ジアミン系染料は、髪の毛の内部に色素を浸透させる染料です。

  1. アルカリ剤の有無

カラートリートメントは、アルカリ剤を含みません。アルカリ剤は、髪の毛の表面のキューティクルを開き、染料を浸透させる働きがあります。

ヘアカラーは、アルカリ剤を含みます。アルカリ剤によって髪の毛の表面のキューティクルが開き、染料が浸透しやすくなります。

カラートリートメントとヘアカラーの成分の違いをまとめると、以下の表のようになります。

成分カラートリートメントヘアカラー
染料HC染料、HC-NX染料HC染料、HC-NX染料、ジアミン系染料
アルカリ剤なしあり

カラートリートメントとヘアカラーの発色の違い

カラートリートメントとヘアカラーでは、発色の仕方が異なります。

カラートリートメントは髪の表面に色素を付着させるため、発色が弱めになる傾向があります。

一方、ヘアカラーは髪の内部に色素が浸透するため、鮮やかな発色が得られます。カラートリートメントで鮮やかな発色を求める場合は、重ね塗りが必要になる場合があります。

カラートリートメントとヘアカラーの髪へのダメージの違い

ヘアカラーは髪の内部に色素を浸透させるため、キューティクルを開いてダメージを与える可能性が高くなります。

一方、カラートリートメントは髪の表面に色素を付着させるだけなので、ダメージが少ないと言われています。

髪が既にダメージを受けている場合は、ヘアカラーよりもカラートリートメントの方が優しい手段と言えます。

カラートリートメントとヘアカラーの施術時間の違い

ヘアカラーは色素を髪の内部に浸透させる工程が必要なため、施術に時間がかかります。

一方、カラートリートメントは髪の表面に色素を付着させるだけなので、施術時間が短くて済みます。

ご自身の髪の長さや量に合わせて、所要時間を調整する必要があります。

Q&A

Q1. カラートリートメントとヘアカラーの違いは何ですか?

A. カラートリートメントとヘアカラーの違いは、染める方法にあります。カラートリートメントは、髪の毛の表面に色素を付着させるのに対し、ヘアカラーは、髪の毛の内部に色素を浸透させます。

Q2. カラートリートメントとヘアカラーのどちらがダメージが少ないか?

A. カラートリートメントの方が、ヘアカラーよりもダメージが少ないです。カラートリートメントは、髪の毛の表面に色素を付着させるため、髪の毛の内部を傷つけることが少ないからです。

Q3. カラートリートメントとヘアカラーのどちらが色持ちが良いか?

A. ヘアカラーの方が、カラートリートメントよりも色持ちが良いです。カラートリートメントは、髪の毛の表面に色素を付着させるため、色素が髪の毛の内部に浸透していないため、色落ちしやすいからです。

Q4. カラートリートメントとヘアカラーのどちらが白髪が染まりやすいか?

A. ヘアカラーの方が、カラートリートメントよりも白髪が染まりやすいです。カラートリートメントは、髪の毛の内部に色素を浸透させるヘアカラーよりも、白髪の根元まで色素が浸透しにくいためです。

Q5. カラートリートメントとヘアカラーのどちらが自宅で簡単にできるか?

A. カラートリートメントの方が、ヘアカラーよりも自宅で簡単にできます。カラートリートメントは、ヘアカラーよりも薬剤の種類が少なく、手順も簡単です。

Q6. カラートリートメントとヘアカラーのどちらが費用が安いか?

A. カラートリートメントの方が、ヘアカラーよりも費用が安いです。カラートリートメントは、ヘアカラーよりも薬剤の量が少なく、施術時間が短いためです。

Q7. カラートリートメントとヘアカラーはどちらがおすすめか?

A. カラートリートメントとヘアカラーは、それぞれにメリットとデメリットがあります。自分の髪の毛の状態や、染めたい色、求める仕上がりに合わせて、どちらがおすすめかを判断しましょう。

まとめ

この記事は、髪を染める方法のうち、「カラートリートメント」と「ヘアカラー」について説明させていただきました。カラートリートメントとヘアカラーは、髪の色を変えるために使用されますが、それぞれ異なる特徴やメリットがあります。

以上のように、カラートリートメントとヘアカラーには、それぞれ異なる特徴やメリットがあります。自分の髪質や希望する色味に合わせて、適切な方法を選ぶことが大切です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

白髪染めに関する記事一覧

サイト運営者
サイト運営者

当サイトでは「白髪に関するお悩み」解決記事を他にも多数掲載しています。ご自分の当てはまるお悩みから記事をお探しください♪

オススメカラートリートメント記事一覧

白髪のお悩み記事一覧

白髪を自分で染めるケアアイテム

頭皮が弱い方でも安心のヘナカラーについて

コメント

タイトルとURLをコピーしました