みんなの白髪を染める頻度やタイミングはどれくらい?頻繁に染めなくても済む方法

白髪ケア
ナヤムさん
ナヤムさん

私の髪を染めるペースって早い?

それとも普通?皆んなのペースはどうなんだろう?

美容室に通ってヘアカラー(白髪染め)をするのが、欠かせない生活のルーティーンになっている方も多いはず。

美容師としてサロンワークをしていると白髪染めをしているお客様に「どれくらいのペースでみんなは染めているの?」などの他の方通う頻度や「頻繁にに染めるデメリットはないの?」などの質問を受けます。「他の方の白髪を染める頻度」は確かに普段の会話に出ない内容なので気になりますよね。

今回の記事では美容師である私が【みんなの白髪を染める頻度やタイミング、頻繁に染めなくても済む方法】を解説していきます。

この記事を書くのは】

Twitterアカウント @gaguar_tw

白髪ケアについての記事をたくさん書いています★

白髪に関するお悩み【原因・セルフケア・染め方・染める頻度・黒髪に戻すテクニック・ヘナカラー・マニキュア】

白髪ケア

白髪のお悩みについて解説していきます

スポンサーリンク

みんなの白髪を染める平均的なペースは

実際に私が勤めるサロンで、マーケティングの一環として詳細なデータを取っていますが【1カ月半~2カ月に1回】の人が多数です。

お読みの読者さんは自分のペースと比べていかがでしょうか?

この記事を読んでいるあなたはきっと「美意識が高い」方だと思うので、きっとこのペースよりも早いのではないかと思います。

白髪の伸びる速度

個人差はありますが、髪が伸びる速度は、「1ヶ月で1~1.5 cmほど」です。

白髪のストレスがなくキレイな髪色をキープするなら伸びた白髪が目立ちはじめる3週間~1ヶ月を目安に、あらためて「染める」のがおすすめです。

白髪染めのペースの早い方の頻度

「本当に少しでも早く染めたい‥」

こんな方も数多くいらっしゃいます。早い方だと【一週間に一度~10日のペース】で染める方もいます。

先生
先生

ただし、この速いペースでの白髪の染め方は、デメリットも多くあります。この後詳しく解説していきます。

カラーを染めるペースが早いデメリットとは?

白髪染めをマメに染めるのは「身だしなみを整える」という視点ではとても良いことなんですが、やはりデメリットもあります。

頻繁に染めるデメリット

  • 髪が傷んでしまう
  • 頭皮への負担
  • 髪の毛が暗くなる‥
  • 白髪リスク増加
先生
先生

頻繁にヘアカラーをする方はデメリットに少し驚いた方もいると思います。デメリットの内容を更に詳しく解説します

髪が傷んでしまう

ここはご存知だと思うのですが、ヘアカラーによるダメージリスクは薬剤が進化した今でも多くあります。

カラー剤は、化学反応でキューティクルを開かせて染料を入れる仕組みです。この過程で、通常弱酸性の頭皮と髪がアルカリ性に傾むき、結果として頭皮の乾燥・ダメージにつながります。

頭皮への負担

頭皮への負担もお肌が強い方ももちろんあります。よく言われるのがカラー剤に含まれる「ジアミン」。

ジアミンによるアレルギー反応は、花粉症のように今まではなんともなくてもある日突然起きてしまいます。一度起きてしまうと、痛みやかゆみが頭皮に起き頭皮だけでなく、耳や首筋に肌荒れが出ることも‥

ヘアカラーを頻繁にする行為は肌が弱い人、アレルギーのある人は肌のバリア機能が弱まりやすいので注意が必要です。

また前回は問題がなかったから今回も大丈夫だと過信しないでください。ホルモンバランスや季節の変わり目など、肌と同じく頭皮の状態も変化します。

髪の毛が暗くなる‥

頻繁に染めることにより、根元のリタッチだけでなく前回染めた部分にもカラー剤が付いてしまいます。

このことにより根本以外の髪の毛が次第に黒ずみ、ダメージも蓄積され昔の白髪染めのように不自然に暗くなってしまうこともあります。

白髪染めをする頻度が7~10日に一回の高頻度の方は髪の毛が黒ずんでいる傾向にあります。お肌への負担だけでなく、髪の見た目にも影響がでる「染め過ぎ」には気をつけましょう

白髪リスクを増加

これはあまり知られていない事ですが、白髪染めは逆に白髪を増やすリスクにつながっています。カラー剤に含まれる過酸化水素が、頭皮と髪の毛にストレス・負担を与えてしまうのです。

【白髪を染めるほど白髪を増やしてしまう】事実は美容業界ではお客様に知らせない『暗黙の事実』となっています。

ヘアカラーを頻繁に染めないために

頻繁に髪を染めないために通っている美容室の合間に『セルフカラー』がおすすめです。

セルフカラーといってもダメージがなくその日に落ちるものやトリートメントと同時進行で白髪を染めるものをご紹介します。

お出かけをするときだけ「サッと」簡単に染めれて、夜にシャンプーで簡単に洗い流すことも可能です。髪の毛や頭皮への負担もなく安心に

染めることができます。

先生
先生

頻繁にカラーをに染めるリスクを回避するためにも、1つはご自宅やバックに用意しておくと急なお呼ばれにも慌てなくすみます。

【スティック タイプ白髪隠し】綺和美 (KIWABI) Root Vanish ダークブラウン

ノック式筆タイプで旅行やお出かけの際にも便利なサイズ。

出張などの出先で塗るだけで手軽に白髪かくしが可能です。筆タイプなので、もみあげだけ や、生え際だけ、など部分的にもお使いいただけます。

現物も確認し使用しましたが、プロの目線で見て商品クオリティーはかなり高く、効果も期待以上でした。

カラーは白髪染めをしている人の色合いに合わせた3色からセレクトができます。

1番お得に購入ができるのは【公式サイト】です。理由としてはシンプルに定期購入などで価格がお得である事です、この定期購入は2人に1人が選んでる優良サービス。あとはたまにあるECサイトでの偽物の心配がない点があげられます。

購入の登録も5分もあれば完了するので、公式のサイトでの購入のをオススメします♪

サイト参考価格
公式サイト¥4,378 定期購入なら-10%¥3,940
Amazon¥4,378
楽天市場¥4,378
Yahoo!¥4,378
\ 気になる白髪ストレスもコレで解決 !白髪染め口コミ人気第1位!購入は公式サイトがオススメ /

KIWABI ROOT VANISH 白髪隠しカラーリングブラシ

【マスカラタイプ】ドクターシーラボ ボタニカルヘアマスカラ

出典Amazon

ドクターシーラボ ボタニカルヘアマスカラは自然由来成分95%配合。

髪と頭皮へのやさしさを一番に考えたこだわり処方で、白髪をカバーするたびに、しっとり艶々の美しい髪へ整えます。
ブラシに角度がついているので、髪の根元にしっかりとフィットしてくれます。目立つ顔周りの生え際や分け目の白髪が塗りやすく、狙ったところをピンポイントでカバー。ドクターシーラボ ボタニカルヘアマスカラはラベンダーとユズの精油の香りで、ツンとした嫌なニオイありません。

参考価格 ¥2,480

Amazon>>ドクターシーラボ ボタニカルヘアマスカラ

白髪を目立たなくさせるトリートメント

シャンプーの後に使用するトリートメントタイプ。トリートメントとヘアカラーが同時にでき便利ですよね。

簡単に染める方法かつ安心に染めることができるのが「カラートリートメント」

カラートリートメントはこんな方のオススメ!

  • お肌が敏感肌・肌荒れを起こしやすい方
  • 気になる生え際や分け目の白髪も、自宅でこまめにケアしたい方
  • 美容院へなかなか行けない方
  • 仕事や家事が忙しく時間のない方

カラートリートメントオススメは『ナティアラル(natiaral)』

今回の紹介する商品で一番のお勧めはコレ!

美容師の間でも「短時間でしっかり染まる」と話題のカラートリートメントのナティアラル(natiaral)

まだ発売されてから日は浅いですが、髪と頭皮に優しくしっかり染めれるとSNSでも話題になり大人気の商品です。

お求めは各ECサイトで購入することはできますが、購入の際は「公式サイト」がお得!ぜひ一度チェックしてみてくださいね♪※楽天市場では取扱なし

参考価格 

  • 公式サイトだけ初回特価¥1,980
  • Amazon¥7,250
  • Yahoo!¥7,180

\ 公式サイトで初回購入1,980円!後悔しない安心の返金保証付き、変な勧誘もありません♪ /

公式サイトで購入する≫≫natiaral

もっと詳しく知りたい方は以下の記事で解説しています↓

当サイトでは「白髪に関するお悩み」解決記事を他にも多数掲載しています。ご自分の当てはまるお悩みから記事をお探しください♪

美容室のご予約はホットペッパービューティーがオススメ

あなたのお悩みをプロの美容師さんにさ相談してみましょう!ヘアスタイルは10万点以上、24時間いつでもネット予約OKです。

はじめてのご登録の方でも簡単登録♪

\ご予約は★国内最大級★ホットペッパービューティーで!/

まとめ

美髪を守るためにはカラーリング専用のヘアケア剤を使うなどアフターケアすることも大切です。

もし、鏡を見た時に自分の白髪が気になったり、生え際が白く目立ってきたことを感じたら、「自分で染める白髪染め」を取り入れてみてはいかがでしょうか。

思いのほか、自然に上手に染まり「見た目の印象」に今よりも満足できるかもしれません。今回ご紹介させていただいた商品を、ぜひ検討してみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

当サイトでは「白髪に関するお悩み」解決記事を他にも多数掲載しています。ご自分の当てはまるお悩みから記事をお探しください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました