セルフで白髪をうすく染める!そのメリット・デメリットとやり方【美容師解説】

白髪ケア
悩む女性
悩む女性

最近「白髪うすくそめる」とか「白髪ぼかし」という言葉を聞くけど、どんな意味?自分で染めることができるの?

今までの「白髪染め」のように暗めのヘアカラーで染めるだけの時代はもう過ぎ去りました。

今では白髪を染めるといっても、ハイライトを入れたり、ブリーチをしたり、あえて色を薄く入れることで、白髪を上品に見せる技術が一般的・人気になってきました。

今回の記事ではその中でも今注目の「白髪をうすく染める」について解説していきます。

この記事でわかる事
  • 「白髪をうすく染める」とは今回の定義
  • メリットデメリットと「うすく染める」はどんな人にオススメなのか
  • 自分でうすく白髪を染める方法

この記事を書くのは】

Twitterアカウント @gaguar_tw

スポンサーリンク

白髪をうすく染めるとは?

まずはじめに同じ認識で進めていきたいので「白髪をうすく染める」とはどういう事なのかを解説していきます。

「白髪を薄く染める」とは白髪を隠す染め方ではなく、あえて白髪を見せる染め方をするという事。

例えば

黒髪の部分はそのままで白髪の部分はうっすらブラウン、ベージュに染める。

このような染め方を「白毛をうすく染める」と言います。

先生
先生

それではなぜあえてこの染め方をするのでしょう?どんなメリットがあるのか考えてみましょう!

白髪をうすく染めるメリット・デメリット

メリット

  • 根本が伸びてきても「境目」が気にならない
  • 白髪がハイライトのように「ヘアスタイルのアクセント」になる
  • 常にしっかり染め続けなきゃいけないというストレスは少ない
  • 年齢に見合う自然体でいられる
  • 頻繁に美容室に通わずにすみ経済的
  • 髪へのダメージ少ない

デメリット

  • 白髪が生えていることは周りに伝わる
  • 染め方にポイントがある(放置時間を置き過ぎると染まりすぎることがある)

どんな人にオススメなのか?

この「白髪薄く染める」はどんな方にオススメな染め方なのかまとめていきます。当てはまる方はぜひ検討してみてくださいね。

  • 頻繁に白髪染めをするのにうんざりしている方
  • 月々のカラー代の節約をお考えの方
  • 年相応のオシャレを楽しみたい方
  • 白髪を活かしたヘアスタイルをしたい方
  • ただの白髪にオシャレ感を出したい方

実際の画像

それでは実際に「白髪をうすく染める」とはどのようなヘアスタイル・色味なのかを実際の写真で確認していきましょう!

これはカラートリートメントを使い自分でおこなったセルフカラーの写真です。白髪にうすく茶色が入り、美容室でハイライトのヘアカラーをしたかのような綺麗な仕上がり。

少しわかりにくいかもしれませんが、根本の白髪の部分を完全に染めるではなく、馴染ませる(うすく染める)感じに染まっています♪コチラもカラートリートメントを使った仕上がりとなります。

自分で白髪をうすく染める方法(セルフ)

自分でかんたんに【白髪をうすく染める】方法として「カラートリートメント」を使用する方法があります。

カラートリートメントとは、染まる力がヘアカラーに比べて弱く、数回に分けて染めていくものです。イメージでは3~4回でしっかり染めていくイメージ。

それでいて髪と頭皮にとっても健康的で、お財布にも優しいヘアケアアイテムです。

色味の選択のポイントをお話しすると、ブラックではなく少し明るめの「ダークブラウン」「ブラウン」などを選んで染めるだけで、白髪がしっかり染まるのでなく「ぼけて」(少し色が浮いて)染めることができます。

自分で白髪をぼかす際の3つのポイント

通常ヘアカラートリートメントでもしっかり隠すように染めるのが一般的ですが、あえて薄く染める「白髪をぼかす」には3つのポイントがあります。

  1. 濡れた状態で使用する
  2. 放置時間を加減する
  3. 商品の適正頻度よりも染める期間を開ける

濡れた状態で使用する

濡れた状態の髪の毛にカラートリートリートメントを使用するのは、乾いた髪に使用するのに比べて「色の入りが緩やか」になります。

これは髪が濡れることによって水分があるせいなんです。乾いた状態だとダイレクトに色が入りすぎることがあるんです。

先生
先生

塗布の際は、濡れているといってもタオルでしっかり余計な水分はとりましょう。

放置時間を加減する(短く)

商品の推奨する放置時間か、色味を白髪に薄く入れたい場合は、少し短めに時間をおきます。

放置時間が長くなればなるほど、白髪への色の入りは深くなっていきます。自分にとっての「白髪をうすく染める」ちょうどよい時間を見つけていきましょう。

商品の適正頻度よりも染める期間を開ける

週に何度も染めていたら白髪が濃く染まってしまいます。ぼかして染めたいなら色が抜けて来た頃合いをみて、染めることをオススメします。

白髪うすく染めるカラートリートメント

美容師である私がオススメの商品は2つ。

自分でかんたんに【白髪をうすく染める・ぼかす】方法として「カラートリートメント」を使用する方法があります。

カラートリートメントとは、染まる力がヘアカラーに比べて弱く、数回に分けて染めていくものです。イメージでは3~4回でしっかり染めていくイメージ。

それでいて髪と頭皮にとっても健康的で、お財布にも優しいヘアケアアイテムです。

色味の選択でブラックではなく少し明るめの「ダークブラウン」「ブラウン」などを選んで染めるだけで、白髪がしっかり染まるのでなく「うすく」(少し色が浮いて)染めることができます。

自分で白髪をうすく染める際の3つのポイント

通常ヘアカラートリートメントでもしっかり隠すように染めるのが一般的ですが、あえて薄く染める「白髪をうすく染める」には3つのポイントがあります。

  1. 濡れた状態で使用する
  2. 放置時間を加減する
  3. 商品の適正頻度よりも染める期間を開ける

濡れた状態で使用する

濡れた状態の髪の毛にカラートリートリートメントを使用するのは、乾いた髪に使用するのに比べて「色の入りが緩やか」になります。

これは髪が濡れることによって水分があるせいなんです。

塗布の際は、濡れているといってもタオルでしっかり余計な水分はとりましょう。

放置時間を加減する

商品の推奨する放置時間か、薄く入れたい場合は短めに時間をおきます。

放置時間が長くなればなるほど、白髪への色の入りは深くなっていきます。自分にとっての「白髪をうすく染める」適正時間を見つけていきましょう。

商品の適正頻度よりも染める期間を開ける

週に何度も染めていたら白髪が濃く染まってしまいます。うすく染めたいなら色が抜けて来た頃合いをみて、染めることをオススメします。

「白髪をうすく染める」おすすめのヘアトリートメント

【最短5分の白髪ケア】ベルタヘアカラートリートメント

白髪をうすく染めるなら一番オススメのカラートリートメントは【ベルタヘアカラートリートメント】です。

ただ短時間で染まる分長く置くと 深く染まりすぎるのでご注意を。

ダメージ知らず。たっぷりの美容成分でパサつきがちな白髪もしっかりケアしながら【白髪をぼかす】ことが可能です。

公式サイト初回購入限定¥2,980(定期)
Amazon¥24,651(6本)
楽天¥4,930
Yahoo¥5,478

\ 今なら公式サイトで1000円OFFクーポン付き♪売り切れ注意! /

安心の公式サイト≫≫ベルタヘアカラートリートメント

【じっくり染めたい派に!】LpLp(ルプルプ)ヘアカラートリートメント

じっくり時間をかけて白髪ぼかしを調整したい…そんな方にオススメなのは【LpLp(ルプルプ)ヘアカラートリートメント

カラーバリエーションが豊富で、推奨する放置時間は20分からと長めの設定です。

時間が長い分じっくり「白髪をぼかす」ことが可能なカラートリートメントの中でも誰もが一度は聞いたことがある有名な商品です。

ダブル染料効果で色の持続力もあり、髪にハリコシも生まれるため大人女性に大人気な商品です。

公式サイト初回購入限定¥1,980
Amazon¥3,300
楽天¥3,300
Yahoo¥3,300

\ 公式サイトで1,980円が最安♪返金保証付き! /

≪ルプルプヘアカラートリートメ

白髪をうすく染めることへのSNSの声

ここでは白髪をうすく染める事へのSNSの声を見てみましょう!

美容室さんの投稿ですがいい投稿ですね!

まとめ

今回の記事では【白髪をうすく染める】についてやり方からメリット・デメリットセルフで染める方法まで解説させて頂きました。

気になる方はぜひチャレンジしてみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

白髪染めに関する記事一覧

サイト運営者
サイト運営者

当サイトでは「白髪に関するお悩み」解決記事を他にも多数掲載しています。ご自分の当てはまるお悩みから記事をお探しください♪

オススメカラートリートメント記事一覧

白髪のお悩み記事一覧

白髪を自分で染めるケアアイテム

頭皮が弱い方でも安心のヘナカラーについて

コメント

タイトルとURLをコピーしました