【いびき・寝息】実は疲れの危険信号?解決策・原因3つ!

睡眠

えっ〜寝息が大きいのってダメなの?確かに子供の寝息は静かだけど、なんでおとなになると音が出るようになるんだろう?

あなただけではありません、眠りの疲れで悩んでる人は本当に多いのです。

クマができたり、肌艶がなくなったり美容の面でも本当に良くないのは誰しも一度は感じたことがあるはずです。ココは性別、年齢などは関係ない多くの方が抱える悩み。

(いびきで家族と寝室わけた…日中眠気がある…、アクビが出やすい…呼吸が止まって苦しい…いびきがうるさくて社員旅行行けない…)

様々なものがあります。実はいびきだけでなく、寝息も危険信号があるんです!

スポンサーリンク

寝息が大きい=疲れる?

寝息が大きい人は「隠れいびき」といわれ、その呼吸は疲労の原因となります。このことに気がついていない、知らない方が多いと思います。今日はそのことについて記事をまとめています。

いびきをかくことで睡眠の質は下がる事は皆さんもご存知ではないでしょうか?

いびきは男性に欠く人が多いイメージがありますが、女性にもいびきや隠れいびきで悩まれる方は多いのです。

それは女性は肺活量が少なく、年齢を重ねると咽頭部の筋肉がゆるみやすくなるため、いびきのリスクが高まり、疲れやすくなってしまう方が多いためです。

とくに、女性に多く見られる「隠れいびき」は、ただの寝息のように聞こえても脳の酸素が欠乏している状態になっている恐れがあります。

いびきは何故おこるのか?

そもそもいびきは何故おこるのかというと、睡眠中に咽頭部周辺の筋肉が下がり、気道が狭くなることで生じる摩擦音が出てしまうから。

低酸素呼吸状態を防ぐため睡眠中でも自律神経が働くうえ、空気を肺に送りこむことにかなりのエネルギーが消費されるため、疲労がたまる原因になってしまいます。

気持ちよく熟睡しているようにも見えますが、実はカラダを酷使して睡眠の質を大きく下げているのです。

いびきをかきやすくする原因3つ

ストレスと疲れ


いびきを誘発する原因のひとつに、ストレスや疲れがあります。

そのためいわゆる肥満男性以外の女性(仕事や家庭のストレスをかかえる方)にもいびきが増えていると言われています。

ストレスや疲労は寝相を悪くし、呼吸を浅くするため、さらにいびきを増悪させる原因になります。眠りにつく前に、しっかりと心と体をリラックスさせてから眠りましょう。

タバコ

たばこを吸う

たばこを吸わない人に比べ、日常的に吸う人は、2.29倍いびきをかきやすいという研究結果があります。

また、たばこを吸う本数が多い人ほどいびきをかきやすいというデータも。 さらに、喫煙者のまわりの人(受動喫煙者)もその確率が高い傾向にあることがわかっています。

いびき解消のためにも禁煙は必須なのです。

枕の高さ

枕の高さが、合っていない実は枕の高さもいびきの有無に関係しています。

高すぎても低すぎてもよくありません。 高すぎる枕はあごが引けてのどを圧迫し、気道を塞いでしまいます。

一方、低すぎると頭が下がり、口が開いて口呼吸を促します。つまり、どちらもいびきを招いてしまうのです。 したがって枕は自分の体形に合わせて、調節して選びましょう

いびきをかきやすい人は横向き寝がオススメ!

質のよい睡眠をとってカラダの疲れをとるには、寝る姿勢にも気をつけることが必要です。いびきをかく人があお向けに寝ると、いびきをかかない人に比べて疲れがとれにくいだけでなく、睡眠時無呼吸症候群になる可能性が高まります。

いびきをかきやすい人におすすめの姿勢は、カラダの右側を下にして横向きで眠る「横向き」です。横を向くことで呼吸がしやすくなり、いびきが抑えられます。これにより、睡眠時の無呼吸状態が少なくなり、効果的に疲労回復することができます。

うつぶせ寝もいびきをかきづらくなりますが、胸部が圧迫されて呼吸に負担がかかったり、首を痛めてしまったりする可能性もあるので避けたほうがよいでしょう。

また、右向き寝には胃の消化の働きを助けてスムーズにしてくれる効果もあります。

横向き寝がしにくいなら、高反発横向き枕や抱き枕などのグッズを活用することで姿勢を保って寝やすくなります。

先生
先生

個人的に試して非常に効果があったものはリュックサックにタオル詰めて寝る方法です。TVで紹介されてて、『そこまでやる?』って内容でしたが試してみました。

右を向いて寝るなら右だけ‥姿勢を固定されてしまい、寝返りをうてないデメリットはありますが、仰向けには寝れないのでいびきの軽減にはとても効果がありました。冬場は背中が暖かいメリットもあります。

いびきをかきやすい人は今日からぜひやってみましょう。

枕にこだわる

先程枕の高さについてお伝えさせていただきましたが。自分の理想の高さに枕がフィットするものも★

今話題の枕をご紹介。イビキ・寝息に改善効果もある商品。Amazonの評価数もすごい数で5つ星のうち4.1 の1,445個の評価

立体的な構造であなたの首の形にフィット。睡眠中の気道の縮小も軽減され、他の枕よりも20%も深い睡眠になったというデータも。

購入者
購入者

とても合理的に設計されています。マルチキューブのデザインです。素材の柔らかさが睡眠時にも良いリラックス効果を体験させていただきました。とても満足しています。

不思議な感覚の枕です。高さも丁度よく、沈み方も面白い感覚でいいです。使用してみていびきの改善と睡眠が深くなる効果が私には出ました

快眠グッズを使う

鼻がつまると、ぐっすり眠ることができませんよね。快眠のために手軽に買えるグッズを使うのがオススメです。

定番の鼻にフリーズライト

ブリーズライトは、プラスチックバーの反発力で、鼻腔を拡げ鼻の通りをよくする鼻孔拡張テープです。

貼った瞬間から効果を発揮して、貼らない時と比較して通気率を最大31%アップ

ブリーズライトを正しい鼻呼吸で、快適な眠りへ。まだ使ったことがない人は一度試してみて★

イビキ防止テープを活用する

他にもオススメはイビキ防止テープ。数回繰り返せば慣れてなんの違和感もなくなり、鼻呼吸をすることにより深い睡眠を得られます。

鼻呼吸をすると口臭で周りの人が嫌悪感を覚える心配がなく、喉の乾燥による喉の痛みを大幅に軽減し、風邪を予防する効果も!

210枚も入っていてコスパも◯

いびき・寝息解消のまとめ

○寝息が大きい、いびき=疲れるである

○女性に多く見られる隠れいびき、寝息

○いびきの原因【ストレス、疲れ、タバコ、枕の高さ】に気をつけよう!

○いびき、寝息の大きい人はかきやすい人は横向き寝がオススメ!

○いびきをかくかた、寝息の大きい方はカラダの右側を下にして横向きで眠る「横向き」オススメ!

他にもいびき寝息解消法はたくさんあります。自分にあったものを選び日々の疲れの軽減のために実践していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました