【豆知識】快眠のためのだれでも簡単にできる!環境や生活習慣5つ

睡眠

美容と健康に欠かせない睡眠。

運動や食べ物と同じように、よい睡眠にもこだわりましょう。

先生
先生

今回は快眠のための環境や生活習慣を数ある中から特にオススメの5つお伝えさせていただきますね。

だれでも簡単!睡眠不調解消のコツ5つ

◯香りでリラックスする

◯音のチカラを借りる

◯体の緊張をほぐす

◯ 眠りを深くするためにサプリメントを活用する

◯同じ時間に起きる

◯寝起きの楽しみを作る

スポンサーリンク

すぐに香りを感じられるアロマアイテム

香りは脳への伝達が早くリラックス効果をすぐに得られるため、寝る直前2~30分はリラックスしてアロマを使う事をオススメします。

五感の中でも嗅覚は、自律神経をつかさどる脳の視床下部へ情報が早く伝わることで知られています。

いい香りを感じた瞬間、「心地いい」と思えるのはこのため。

就寝前もすぐにリラックスモードに切り替えられるので、寝る直前に少しだけ香りを感じれば十分です。

すぐに香りが広がるアイテムを選びましょう!

お布団の中に入ってから感じる香りはなんとも言えない優しさがあります。

アロマディフューザーはたくさんあるけどオススメするのは大定番の商品。

無印良品 超音波うるおいアロマディフューザー

リラックス効果の高い香りは?

ラベンダーやカモミールの香りはリラックス効果が高いと言われています。

■ラベンダー

安眠に効果的な、不安を解消し心身をリラックスさせてくれます。

■カモミール

リラックス効果やストレス軽減の効果があります。

入眠をスムーズにするハーブとして有名なラべンダーやカモミール。アロマオイルやハーブティーなどで取り入れてみましょう。

せせらぎ雨音などの自然音でリラックス

街の喧騒や家電などの小さな作動音、些細な音がが気になって眠れないときは、自然音を流す事をオススメします。

雨の日はよく眠れる、という人がいるように、自然音でも脳の興奮を鎮める効果のある波やせせらぎなど水の音を聞くとスムーズに入眠ができます。

先生
先生

今ではAmazonミュージックやSpotifyなどでも安眠のための音楽(安眠用のプレイリスト)などが用意されています。これらを上手に活用することも安眠への近道ですね!

こっちは歌も入ってますが静かめのプレイリスト。気持ちを落ち着かせます、おすすめです。

疲れた目をほぐして温める

パソコンやスマホで疲れた目をほぐしてくれる今や定番になりつつある(ホットアイマスク)は、寝る前に使うのがオススメです。

特に定番のめぐりズムは、ちょうどいい温かさが持続して、すぐに眠りに誘われます。

光を遮断することでリラックス効果も得られるので、就寝前の定番にすれば、自然とスマホを見ることもなくなり、寝る前の心と体の準備が整います。

最近では柚子の香りなんかもあって、さらにリラックス効果を感じれますね。

じんわり目があたたまると気持ちが良くて知らないうちに入眠しています。

眠りを妨げるものを取り除く 腹式呼吸は緊張をほぐす。

ストレスを感じているときは知らず知らずのうちに呼吸が浅くなっています。つい考えすぎてしまう、不安感があるなど、なかなか眠れないときは意識して腹式呼吸(深い呼吸)をしてみましょう。

深い呼吸をする、意識して呼吸することで心が落ち着き、悩みを客観的に感じれたり、気持ちが落ち着く効果がありますよ。

簡単!腹式呼吸のやり方

口から5秒かけてゆっくり息を吐き出し、吐き切ったら3秒ほど止めます。


①息を5秒かけてゆっくり吐き出す


②息を吸い込む

③鼻からおなかの中の空気をいっぱいし、大きくふくらませるように息を吸い込みます。これを5回繰り返します。

④ゆっくりと息を吐き出すことを意識しましょう。

眠りを深くするためにサプリメントを活用する

サプリメントを活用するのもオススメです。

何より手軽に取り入れることができますし、睡眠以外の効果もプラスされて作られています。

オーガニック栽培された麻由来の安心で完全に合法なCBD成分と リラックスタイムに最適なハーブをバランス良くブレンドした休息サプリメント。

日本ではCBDが低用量で高価格帯のものが出回る中、 『ドリームカプセルは』はなんと1粒あたり50mgのCBDを配合。

成人の健康サポートには1日分の理想的な分量のCBDが入っています。

寝つきやすくするために★毎日同じ時間に起きよう

寝だめは体内時計を狂わせるもと。

長時間寝てしまうと体内時計が狂い、夜スムーズに寝つけなくなります。

しかし、一度起きたら二度寝はOK。5分程度にとどめて寝すぎないようにしましょう。

体内時計をリセットすると快眠につながる

質のよい眠りは心地よい目覚めから

質のよい眠りは心地よい目覚めから、寝起きの楽しみを作る

どうしても起きられない人にオススメな方法です。

だんだん明るくなることでストレスなく、ゆっくり、目覚められる夜に自然と眠くなるためには、体内時計のリズムを整えることが大切ですが、体内時計のリセットに欠かせないのが朝の光です。

大音量のアラームは自律神経に負担がかかり、疲れやすくなるのでやさしく起こすようにしましょう。

朝日のようにだんだん明るくなる光目覚ましを使えば、無理なく起きられます。

朝なかなか起きられないなら前の晩、朝の楽しみを作りましょう。

ちょっと贅沢な朝食を食べることや新鮮な空気の中を散歩する自分を想像するだけでスッキリ目覚められるはずです。

スッキリ目覚めるポイント

スッキリ目覚めるためにごほうびを用意する

まとめ

今回の記事では、快眠のための環境や生活習慣を数ある中から特にオススメの5つお伝えさせていただきました。

この5つ全部でも良いですし、取り組みやすいものからでもいいので、快眠のために一歩前に進むコトがとても大事。

少しの生活の変化であなたの睡眠は快眠に成るかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました