パサツキ・枝毛のお悩みの方はドライヤー選びで解決!ポイント3つと使い方

ヘアケア
悩む女性
悩む女性

いつも髪の毛が乾燥してる…ドライヤーのせいもあるのかな?

間違ったドライヤー選び」や「ドライヤー使い方」をすると髪のパサツキ・枝毛・ダメージに繋がることがあります。

ドライヤーは毎日使用するも、「乾かしすぎ」「熱すぎ」などはダメージを与える要素になりやすく、誤った使い方を続けていると パサツキ・枝毛・ダメージ の進行に繋がってしまうのです。

この記事では、 パサツキ・枝毛・ダメージ の原因とドライヤーの関係性や、それを防ぐドライヤー選びのポイントから使い方まで詳しくご紹介していきます。

この記事を書くのは】

多くのお客様のお悩みを解決してきた美容師歴二十年の現役美容師です。

Twitterアカウント @gaguar_tw

スポンサーリンク

パサツキ・枝毛・ダメージ とドライヤーの基礎知識

パサツキ・枝毛・ダメージ には、ドライヤーの種類や使用方法が大きく関係する言われています。

普段何気なく使用しているドライヤーですが、ドライヤーの発する熱によって髪は少なからず乾燥というダメージを受けています。

ドライヤの過剰の使用(オーバードライの状態)は、髪の毛へのダメージが蓄積し、 パサツキ・枝毛・ダメージ の進行を早めてしまうことがあります。

しかし乾かさないという選択も頭皮に雑菌が繁殖し、頭皮環境の悪化に繋がります…

先生
先生

そういったリスクを回避するためにも、ドライヤーの正しい使い方を理解するとともに、髪と頭皮に優しいドライヤーを選択することが大切です

髪の正しい乾かし方は?

髪を必要以上に乾かしすぎると、髪や頭皮が乾燥してしまいダメージを受けてしまいます。

ドライヤーによってちがいますが、モノによっては、100度近い温度が出ることがあるため、ドライヤーを必要以上に近づけて乾かすと パサツキ・枝毛・ダメージ と繋がることがあります。

ドライヤー熱で髪にダメージを与えない方法
  • 最初に保護剤のヘアオイルをつける
  • ドライヤーを使う時間はなるべく短くする
  • 必要以上に髪にドライヤーを近づけない
  • ドライヤーの設定の変更・低温度の風を使用する
  • 乾かしている最中は冷風を途中に入れて熱くなりすぎないように注意する

といったことを意識するようにしましょう。

パサツキ・枝毛・ダメージ を防ぐためのドライヤー選びのポイント

悩む女性
悩む女性

ドライヤー選びはどうすばいいのかな…いっぱいありすぎて自分にはどれがあってるんだろう?

ドライヤーは日常的に使用するものなので、悩み『パサツキ・枝毛・ダメージ』にあわせた機能のあるドライヤーを選ぶことが大切です。

先生
先生

ここからは、「ドライヤーを選ぶ際に注目すべき機能3つ」を詳しくご紹介していきます。

ポイント1風量の強さ

風量を調整できるドライヤーを使うと短時間で髪を乾かせます。それにより乾燥や熱による髪や頭皮へのダメージを減らすこと可能に。風量は平均「1.3㎥分」程度と言われており、風量の多いドライヤーを購入する際には、風量に注目してみましょう。中には、2㎥/分以上の風量がでるドライヤーもあります。とにかく早く髪を乾かしたいという人におすすめです。

ポイント2乾燥させすぎないように風の温度調整ができるか?

まずドライヤーを選ぶ際に注目したい機能が「温度設定」があるかです。温風と冷風の切り替えができるドライヤーは一般的ですが、熱量が設定できる機能や頭皮をいたわる機能があるドライヤーを選ぶことで、髪と頭皮へのダメージを抑えやすくなります。。髪や頭皮へのダメージを考えて、短時間で効率的に髪を乾かしたい方は温度設定のがあるかに注目しましょう。

ポイント3性能・機能性のチェック

ドライヤーの機能は近年「髪をケアするもの」という美容の機能が充実しています。代表的なモノで

  • マイナスイオン
  • 温度調節機能
  • 低温度の風機能

などがあります。近年のドライヤーの性能については下に表でまとめてわかりやすくしてあります↓

最新ドライヤーの髪に優しい最新機能

効果・機能名ドライヤーの効果・機能の内容
色持ち効果ヘアカラーの色持ちを長くする効果
マイナスイオン機能髪にうるおいを与える効果。マイナスイオンを発生させ風として出す機能
低温度機能切り替えのスイッチで低温度や冷風に切り替える機能
遠赤外線機能遠赤外線によって頭皮を温め、血行を促進する機能
自動温度調節機能ドライヤーと髪の距離を測定し、自動で温度調節を行う機能

あなたの悩み【 パサツキ・枝毛・ダメージ 】に対して、効果が期待できる機能を持つドライヤーを選ぶことが大切になります。

最新のドライヤーご紹介記事はこちら!

パサツキ・枝毛・ダメージ を防ぐドライヤーの使い方

せっかく高性能なドライヤーを購入しても、使い方によってはパサツキ・枝毛・ダメージ になってしまう可能性があります。

パサツキ・枝毛・ダメージ を考える際、ドライヤーの使い方は重要な要素。 パサツキ・枝毛・ダメージ ケアのために重要なポイントを詳しくご紹介していきます。

タオルドライでしっかり水分を取る

お風呂上がり濡れた髪を乾かす際には、いきなりドライヤーを使うのではなく、まずタオルである程度水分をしっかりとってからかけるようにしましょう。

タオルドライが不十分な状態で乾かすと余計に時間がかかり、髪へのダメージにつながります。ロングヘアの方でなくてもタオルをターバン状に巻くなどの工夫もオススメです。

髪の毛を守るヘアケア剤(ヘアオイル)を丁寧につける

ドライヤーを使う前の濡れた髪の状態でヘアオイルを毛先→中間と丁寧につけます。その後軽くコームやブラシで優しくコーミング、まんべんなくなじませます。

ドライヤー時に冷風を使い分ける

温風だけでなく、ときおり冷風を使うことで、髪にダメージを与えないようにすることが頭皮をケアする秘訣です。

美容師さんはお客様の髪を乾かす際に冷風・温風を使い分けています。『少し熱いな』と感じたときが目安となります。このタイミングで冷風へ切り替えると、髪への過度な熱を取り除くことができます。

乾かす際は最初に根元から先に乾かす

最初に指を通しながら乾かし、根元までしっかりと風を当てましょう。

半乾きの状態は髪への負担につながり、枕などの摩擦で パサツキ・枝毛・ダメージ の原因になりえます。

ドライヤー後に行える毛髪ケア

ここまでドライヤーの使い方や選び方についてご紹介してきましたが、ドライヤーの使用と合わせてのヘアケアも パサツキ・枝毛・ダメージ 対策には重要です。

ヘアオイルやクリームでドライヤー使用前のヘアケアをしっかり行っていきましょう。

まとめ

パサツキ・枝毛・ダメージ とドライヤーの関係性について、詳しくご紹介してきました。

ドライヤーは誤った使い方を続けると、 パサツキ・枝毛・ダメージ の進行に繋がることがあります。

先生
先生

今回の記事を参考にドライヤーのセレクトとあわせて髪の悩み『 パサツキ・枝毛・ダメージ 』を改善していきましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました