【足浴・足裏マッサージ】の7つの効果と自宅でのやり方│デトックスできるオススメアイテム

ボディケア
悩む女性
悩む女性

足が冷え性なんです…むくみも気になるほう。簡単に自宅で改善できる方法はないかなぁ?

足の悩み」の「冷え」「むくみ」女性の方なら多くの方が持つ悩みです。

冬場だけでなく夏場も冷房の効いた場所で足先が冷えることもあると思います。足先の冷えはとても辛いですよね…

今回の記事ではそんな悩みを解決する方法「足浴」による温冷交互浴と「足のセルフマッサージ」方法をご紹介いたします。

先生
先生

今回の足浴・足のマッサージは誰でもおうちで気軽に実践できることなのでお勧めですよ★

スポンサーリンク

足湯の効果

足湯をするとリラックスして気持ちがいいですよね!

ですがただ気持ちがいいだけでなく多くの効果があるんです。

【足湯7つの効能】

  • 疲労回復
  • 血行改善
  • 筋肉の疲れ
  • 寝つきが悪い
  • 長時間の立ち仕事後
  • 座り続けによる疲れ
  • 足の血行不良
先生
先生

このように多くの効果を得ることができるんです。

足湯は「暖かくて気持ちがいい」という以外にもたくさんメリットがあるものなんです★

さらに今回は、ただでさえも効果の多い足湯をもっと効果的にする方法をお伝えします。

足湯のやり方 オススメ温冷交互浴

足湯に準備するものは?

まず足湯用のお湯を入れたバケツ、タオル2枚(足拭き用とバケツの下に敷く用です)を用意します。

足湯の温度は何度?時間はどれくらいがいいの?

足湯の温度な何度がいいのという疑問手わきますよね。熱いほうがいいのか…お風呂で言われている温度のように「ぬるめ」の40°がいいのか…

調べてみると38°~40°の「ぬるま湯」が良いとされています。

お湯の温度の理由は

■「ぬるま湯」にはリラックス効果があり副交換神経を刺激してくれるから

■ぬるめのお湯だと脱水症状になりにくいから

時間にすると体をじっくり温めるために40~45分くらいの長め

※全身浴ではないのでのぼせたりはありませんがじんわり汗をかくので水分補給(キレイなお水)の用意はお忘れなく。

さらに効果的に!オススメ足湯 温冷交互浴 【簡単3STEP】

入湯前は必ず水分補給をしておきましょう!

※汗によって体内の水分が奪われると血液がドロドロな状態になります。足湯前に水分を多く摂取することで、発汗を促しより高いデトックス効果を得ることも!

■STEP1

お湯の温度は好みで体感だと5分~10分ほどじんわり温まり汗をかかない程度、足を温めます。

■STEP2

その後冷たいお水へ約1分(バケツに冷水でも、シャワーでも)

■STEP3

これを5〜6回程度繰り返すと、足の疲労がとても軽減されます

入浴後には乾燥防止のボディクリームを忘れずに。

先生
先生

とても簡単ですよね!「疲れ」がとれるでけでなく、「むくみ」や「火照り」も取れますよ!

足湯のデメリット

足湯にデメリットはないの?ってここまで読むと感じる方がいると思います。いい事ばかりだと「信用できない気持ち」わかります!

実際に私自身体験してきて思うことは

足湯によるデメリット?

■足がふやけ乾燥する

ほとんどデメリットと言えないかもしれませんがこの一点だけ。でも 乾燥防止のボディークリームを塗るで簡単に解決はします。なのでほとんどデメリットは気にしなくても大丈夫。

人によっては準備が面倒と感じる方もいるかも知れませんが、それ以上の「メリット」があるので私は気になりません。

足裏のマッサージでより効果的に

足裏の反射区 こちらを参考にしましょう

この足温冷交互浴と同じような効果のある足裏マッサージ。コチラも良かったらあわせてやってみてください。

足裏マッサージは一般的なツボ「反射区」というものを指やモノで刺激します。足裏には体の各個所につながる「反射区」があります。

体調の悪いところがあるとに足裏の反射区の血管に老廃物がたまります。この老廃物をマッサージにより体外に排出しようというのが足裏マッサージです。

気軽に自分でできるので図を参考に疲れているところを優しく揉みほぐしてみましょう。

足裏マッサージをするポイントは?

足裏のマッサージのポイント

○ポイント1

血液中の老廃物を体外に排出するために、始める前にに水分を多く摂ること

○ポイント2

マッサージするとたまに痛いところなどもあるはず、その際は上の図を参考に健康意識を高めていきましょう。

足つぼへの刺激は青竹踏みが手軽でオススメです。

足湯、足つぼ人気アイテム

足湯にチャレンジしたい方や、数回足湯を経験して効果を実感している方は、自分にあった最適な「足湯グッズ」や「足のケアアイテム」が気になるはず。

ここではそんな足湯に興味がある方向けに「オススメ足湯・足ケアアイテムを」をご紹介していきます。

Niksa フットバスマッサージャー

足湯目的だけでなく、底部に2セットのマッサージローラーがあり、各ローラーのマッサージタッチポイントが足つぼを刺激してより足の疲労と筋肉痛を改善します。

参考価格 ¥6,499

Tenswa 足湯用 バケツ フットバスマッサージャー

参考価格 ¥4,999

CURE CURE フットバケツ

出典Amazon

参考価格 ¥5,199

脚温器 ぽかぽか足湯DX 「最新版」お湯を使わないタイプ

底面に2本のコロコロローラーがつき、足湯をしながら足裏を刺激します。遠赤外線効果で、脚をじんわり暖めて全身ぽかぽかあったか~い。
水やお湯を使わない新スタイル足湯です。つま先からふくらはぎまでしっかり暖めることで、血行を良くし、足の疲れやだるさをとります。

参考価格 ¥15,470

イノマタ化学 フットバス 足湯専科

シンプルイズベスト。

底面に施された突起が足裏のツボを心地よく刺激。 持ち運びに便利な持ち手付きです。

参考価格 ¥820

【Tumaz】フットローラー 筋膜リリース

Tumazのフットローラーは、自宅用、ジム、トレーニングルーム用、オフィスでどこでも使用できます。

特に運動前に使用することによって、筋肉の動きを最適レベルまで引き上げて体のバランスを整える効果も。

参考価格 ¥1,799

他にもあるよ!足浴の効果

これは介護の現場で言われている内容ですが、足湯には他にもこんな効果もあります。

感染症を防ぐ

足は床に近いため不衛生で、細菌なども発生しやい環境にあります。

足浴には感染症などを防ぐとともに、皮膚を清潔にすることでキズなどの治癒を早められるという効果もあります。

血流障害の予防

足は体の末端にある部位なので、血流が滞りやすいという特徴があります。

この症状足の冷えで悩まれている方も多いのではないでしょうか?

足浴で足を温めることで全身の血行を良くし、血流の循環機能を高めます。

血の巡りが良くなると、老廃物の排泄がスムーズになり、座り仕事などのむくみの改善にも役立ちます。

リラックス効果や睡眠促進効果がある

足を温めることにより、体全体の筋肉の緊張が緩み筋肉の疲れの軽減という効果も期待できます。

こたつに入り眠くなる経験は誰もがあるんじゃないでしょうか?

これは全身の血流が良くなることで、気分を落ち着かせる働きのある「副交感神経」が優位になり、リラックス効果や睡眠促進効果を得られるからです。

他の足のケア法

足湯が気になる方は同時に「青竹踏み」なんかも気軽にできる足のケア方法として気になさっている方もいると思います。

コチラの記事で「青竹踏み5つの驚きの効果」と題して詳しく解説しています。合わせ絵お読みください。

みんなの足湯に関する声

みんなも楽しんでる「足湯」写真見るだけでも「いいなー!」って感じてしまう…

まとめ

足湯は足つぼ店のように、足浴と同時にアロマを使ってマッサージを施せば、さらにそれらの効果を高められます。

これは女性にオススメですね!気分も癒やされます。

最近のフットバスにはマッサージ機能やジェットバス機能がついていたり、多種多様なマシンがあります。

毎日続けることがむくみ、冷え解消のカギ!

アロマを変えて気分転換しながら、楽しんでやってみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました