【新常識?】簡単にできる半日断食のやり方、オートファジーとは?

ファスティング

今回の記事は「簡単にできる半日断食のやり方」、オートファジーとは?について解説していきます。今回参考させて頂いた書籍は「空腹」こそ最強のクスリ です。

スポンサーリンク

半日断食のやり方、オートファジーとは?の結論

空腹の時間を作る方法の結論を先に述べると、

16時間以上の空腹の時間を作る

ことにより効果が得られます。

16時間は長いと思われるかもしれませんが、睡眠時間とうまく組み合わせることで、無理なく実行することができます。

例えばあなたが一日8時間寝るのならばプラス8時間とればいいのです。

食べない時間が連続16時間ということです。

睡眠時間の前後に均等に振り分ければ、寝る4時間前、起きてから4時間、ものを食べずに過ごせば目標達成です。

先生
先生

こう考えれば難しい話しだとは思わなくなりませんか?

できれば毎日空腹の時間を設けていただくのが理想なんですが、仕事や家庭の都合で難しい場合もあるでしょう。

そんな時は週に一回、もしくは週末だけでも構いません、それでも十分に体のリセット効果を味わえるはずです。

最初のうちは4時間ものを食べずに過ごすのが辛い、起きた後どうしてもお腹が空いてしまう方がいると思います。

その場合は2時間でも3時間でも良いので自分のできる範囲で進めてください。

少しずつ体が空腹に慣れてきます。

どうしても空腹に我慢できない場合

そしてそれでもどうしても空腹に耐えられないという方は、以下に紹介するモノであれば空腹の時間中に食べてもかまいません。

これはOK!な食べ物

生野菜

サラダ

ナッツ類

チーズ

ヨーグルト

どうしても我慢できない時はこれらのものを食べましょう。

食べ物の塊でなければ大丈夫です。

以上説明したものが簡単にできる半日断食のやり方です。

空腹がなぜ良いのか?

「空腹がなぜ良いのか?」ということについて解説していきたいと思います。

先ほど16時間食べない空腹の状態が重要だと書きました。

なぜならば16時間経つと体の中でオートファジーが起こるからです。

オートファジーとは

オートファジーとは2016年にノーベル生理学医学賞を受賞した比較的新しい概念であり、今特に注目が集まっております。

簡単にご説明いたします。

私たちの体は約60兆個の細胞でできており、 タンパク質で作られております。

日々の生活の中で古くなったり壊れてしまったタンパク質の多くは、体の外に排出されますが排出しきれなかったものについては体内の中に溜まっていて、細胞を衰えさせ、様々な身体の不調や病気の原因になってしまうのです。

一方で私たちは普段食べたものから栄養を摂取して必要なタンパク質を作っているんです。

ところが何らかの原因で、栄養が入ってこなくなると体は生存するために、何とか体内にあるものでタンパク質を作ろうと頑張るようになります。

そこで古くなったり壊れてしまった細胞内のタンパク質を集めて分解し、それらをもとに新しいタンパク質をつくるんです。

つまりオートファジーとは古くなった細胞を内側から新しく生まれ変わらせる仕組みであると言えます。

細胞生まれ変われば体にとって不要なものや老廃物が一掃され、細胞や組織器官の機能が低下し病気になりにくく若々しい身体になるのです。

このオートファジーという概念、僕らは生きていればタンパク質が壊れてしまってそのゴミが体に溜まっていく、それが悪さをするわけなんですが、栄養が入っていない飢餓状態になると体はそのゴミのタンパク質ように再利用して新しいタンパク質を作り出すのです。

先生
先生

ゴミのリサイクルといったイメージでしょうか?

強いストレスを受けた際にも生き残れるようにと、体内に組み込まれたシステムであり細胞が飢餓状態になった時や低酸素状態になった時に働き始めるんです。

ものを食べてから16時間ほど経過しなければオートファジーは活性化しません。

つまり空腹の時間を作らない限りオートファジーによって細胞を生まれ変わらせることはできないのです。

空腹の時間を作ることによって普段働きすぎている内臓を休ませたり、過剰なカロリーや糖質がもたらす害を取り除くことができます。プラスで嬉しいことに空腹の時間を作ればオートファジーが起こり、体の中のゴミが新しい細胞に生まれ変わります

体が内側から若々しく蘇ります。その結果様々な体のシステムがスムーズに働くようになって、病気を寄せ付けない体が手に入るこういうわけです。

さらにオートファジーの効果 老化を遅らせる

空腹の時間を作るのは究極のアンチエイジング方法なのです。

私たちは年をとるにつれて老いて白髪が増えてきて物忘れがひどくなり、体力が落ち疲れやすくなってしまいます。

おそらく誰でもこうした悩みを抱えていて、できれば老化を食い止めたいと思っているでしょう。

老化を食い止める、老化のスピードを少しでも遅くするにはどうすれば良いのか?

それは空腹の時間を増やすことによりオートファジーが起こり古くなった細胞を新しく生まれ変わらせるという究極のアンチエイジングが可能になります。

さらに老化は活性酸素と言われるものによって引き起こされるわけですが、空腹の時間を作るところ活性酸素が減るのです。

その結果、老化のスピードが遅くなります。さらに空腹の時間を作れば成長ホルモンの分泌も促されます。

成長ホルモンが多く分泌されればシワやシミなどの老化による肌のトラブルや、筋肉量の低下に伴う使用感などが改善されるのです。

とにかく空腹の時間を作るというのは最強のアンチエイジング方法なんです。

今日から空腹の時間を作るだけで美容やアンチエイジングにお金を使いまくっているセレブにも勝つことができます。

空腹の時間を作ってオートファジーを活性化させるということは一番効率的だからです。

病気知らずの体になる上にアンチエイジング効果もあるし、しかもお金はかからない。

むしろ食費がかからなくなるので節約にさえなってしまう!

まとめ

睡眠時間とうまく組み合わせて16時間以上の空腹の時間を作ろう。

病気知らずの体になる上にアンチエイジング効果もあり、しかもお金はかからない。

どうしても空腹に耐えられない時は、生野菜サラダ、ナッツ類、チーズ、ヨーグルト、ならば食べても OK !と以外にイージーなゲームです。

オートファジーとは古くなった細胞を内側から新しく生まれ変わらせる仕組みであり、16時間以上食べないと起こり体が内側から蘇る。

今回は2回の記事にわたって、一日三食が全ての不調の原因であることと、簡単にできる半日断食のやり方について解説してきました。

今日記事にしたことをしっかりと実践していただければ本当に人生を変えるほどの威力があることは間違いありません。

今まで疲れやすく何事にも集中できなかったあなたも、食べ過ぎを止めて空腹の時間を作ることでまるで生まれ変わったような自分に出会えるかと思います。

何事も最初は辛いものです。

しかし実践するにつれて空腹にも慣れてきて、空腹感を楽しめるようになります。

実際に食べ物を食べてお腹いっぱいの状態で知的作業、集中力が必要な作業をすることなどできません。

空腹の時こそエネルギーがみなぎってくるのを実感します。

今回参考させて頂いた書籍は

「空腹」こそ最強のクスリ です。とても面白い本なのでぜひ手にとってお読みください。

最後までお読みいただきありがとうございました♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました