空腹こそ最強の薬書評①この本から得られる効果 16時間食べない半日断食

ファスティング

皆さんの中には食べるとすぐに眠たくなってしまう、最近胃腸が弱っている気がする‥疲れやすくなった‥やる気が起きない‥やたらイライラしたり気分の変化が激しい‥

こうした症状に悩まされている人は多いのではないでしょうか?

今回はこの症状を解決するためにとても参考になる本を読んだので、この本の紹介とともに解決法を提案させていただきます。

大ベストセラー空腹こそ最強の薬の本の内容を紹介していきます。

スポンサーリンク

最初にこの本【空腹こそ最強の薬】の結論

最新医学エビデンスに基づく本当に正しい食事法は、何を食べるかではなく食べない時間を増やす事が重要である

具体的には睡眠時間を合わせて1日16時間は食べないこれがこの本の結論です。

この最近話題である16時間食べない半日断食で細胞内の悪いタンパク質や感染症を引き起こす病原菌が排除され、全身の細胞がみるみる修復されるのです。

そしてこの方法ならば普段の食事を変えず、炭水化物も脂肪分もを好きなだけ食べて問題ない!という簡単でシンプルな方法でOKなのです。

空腹パワーであらゆる不調を撃退できる

【空腹こそ最強の薬】では「空腹パワーであらゆる不調を撃退できる」と何度も強調されております。

わたし達は健康になるために何を食べるべきか?この問いに対しこだわっている方は多いと思います。

例えばスーパーフードがいいとか、野菜、ナッツがいいとか…

そういった食べ物の内容についてはよく皆考えるんですが、食べない時間を増やすということに関しては無頓着な人が多いのではないでしょうか?

それも仕方がないことなのです。私たちは子供の頃から学校や親から一日三食きっちり食べましょう。といった根拠のない常識を教えられてきました。

まずはそのような間違った常識や誤った食事法を解説し、今までの間違った知識を修正していきましょう。

今までの間違ったやり方を捨てることをこれが正しい食事方への第一歩となるので、まずはこれから手をつけなければありません。これが今回の記事の最重要項目です。

そしてその後に本書の結論である一日16時間食べない半日断食がどれほど素晴らしいメリットをもたらすのか?について具体的に解説していきます。

あなたも今回の記事で食事の常識が大幅に変わり健康な食習慣を身につけることができると思います。

一日三食が全ての不調の原因?

一日三食が全ての不調の原因についてですが、皆さんの中には食べるとすぐに眠たくなってしまう‥最近胃腸が弱っている気がする天気疲れやすくなった何もする。やる気が起きない‥やたらイライラしたり気分の変化が激しい‥

こうした症状に悩まされている人はいないでしょうか?

その原因は何と一日三食きちんと食べていることが関係しているのです。

成人が1日に必要とするカロリーは1800から2200キロカロリーと言われてます。外食が多い人の食事はどうしても高カロリーになりがちなのです。

外食の定番、ハンバーガーとポテトフライドリンクのセットだけで1000kcal は軽く超えます。

ファミレスに行けば1000kcal ほどのメニューがたくさん並んでます。

つまり一日三食食事をとることで本来必要な量の1.5から2倍のカロリーを知らず知らずのうちに摂取してしまうというわけです。

このように現代は外食などをして1日3食食べるとカロリーを摂りすぎの状態になってしまいます。

食べすぎによる体調不良

そして食べ過ぎることによって様々な身体の不調が起こってきます。代表なのは内臓の疲れでしょう。

胃腸や肝臓は私たちが食べたものを何時間もかけて消火しますが、本来処理できる量を超える食べ物がひっきりなしに運ばれてくると、内臓は休みなくフル回転で働き続けなければならず疲れてしまいます。

その結果内臓の働きが低下し栄養素をきちんと吸収できない、老廃物を排出できない、免疫力が低下するなど、様々な問題が生じてしまいます。

これは以前書いた記事ファスティングの際の考え方と同じですね。

さらに食べ過ぎることで肥満を招いてしまいます。食べ過ぎた食べ物は脂肪に変換され私たちのお腹や内臓に蓄えられます。

「肥満はあらゆる病気の元です」

食べすぎることで糖尿病をはじめ、脳出血や脳梗塞の原因にもなります。

要するに一日三食 体に負担がかかり様々な病気にかかってしまうということを皆さんに知っていただきたいのです。

糖質を取りすぎる現代人

さらに悪いことに現代の日本人の食事はとくに糖質が多くなりがちなのです。

成人が1日に必要とする糖質は170gと言われており茶碗一杯のご飯に含まれる糖質は約50gですから、ご飯を1日3杯食べればそれだけでほぼ必要な糖質は摂取できてしまうのです。

つまり一日3杯のご飯に加えてデザートを食べてしまえばそれだけで糖質を摂りすぎになってしまうのです。

この糖質の摂りすぎも体に悪いのです。

「あらゆる病気は糖質の取り過ぎから起こる」と言っても過言ではありません。

そして現代の食事はあらゆるところに砂糖が使われているため、意識しなければ私たちはいとも簡単に糖質の取り過ぎになってしまうのです。

糖質を摂りすぎないようにしようという強い意志を持って意識的に食べるものを考えなければ、絶対に糖質を摂りすぎてしまう世の中なのです。

あなたが今に何かしらの体の不調を抱えていたり、集中力が続かなかったり、疲れやすかったりといった症状を抱えているのならばそれはおそらく糖質の取り過ぎ、食べ過ぎが原因です。

まずは1日3食をやめて、そして糖質を取らないように気をつけていきましょう。

一日三食の誤解

今では一日三食摂るのが体にいいという常識は間違っているのだということがわかっています。

一日三食というのは健康の代名詞のように言われておりますが、実はこの一日三食という習慣はつい最近始まったばかり。

具体的には江戸時代ぐらいから始まったとされ、それまでは1日2食が一般的だったようです。

人類の長い長い歴史を考えると一日三食食べるようになったのはごく最近の出来事であり、一日三食食べるのが体によいという根拠は全くございません。

それどころか一日三食食べるようになってからあらゆる病気が増えているというデータに基づいて、あらゆる研究者や医者が1日3食は体に悪いと主張しているんです。

ガジャー
ガジャー

今何かしらの不調を抱えていて1日3食食べている方、その不調を解決する方法は単に一日三食を止めるだけで良いかもしれません。

考えてみてください。「あなたは本当にお腹が空いて一日三食食べていますか?」

ただ単に習慣的にお腹は空いてないのに食べているだけなんだという人も多いのではないでしょうか?

本来食事というのは健康を維持するために体に必要な栄養分を必要なだけを送り込むことです。

それなのに習慣や惰性で体に必要としていないものを食べて、体にダメージを与えてしまっては本末転倒です。

あなたの内臓はもしかしたら休息を求めているのかもしれません。

食べ過ぎていることで体に負担がかかり続けているのかも‥。

空腹こそが長寿と健康の鍵

今ではアメリカの最新研究が空腹こそが長寿と健康の鍵であると証明しております。 

健康や若さを維持するシンプルな方法、それは物を食べない時間すなわち空腹の時間を作ること。

近年アメリカの医学界では空腹に関する研究が盛んに進められており、数多くの論文が発表されております。

以前からカロリーを控えることが様々な病気を遠ざけ、長生きにつながることは分かっていたんですが、これらの論文には断食することが体重体脂肪の減少に繋がることを、そして糖尿病などの予防に効果的であることが述べられております。

ですからぜひ空腹の時間を作るべきなんです!

皆様の中には空腹や断食という言葉を見てなんだかしんどそうだな‥と思ったり自分には断食なんてできないよ‥と拒否感を感じてしまう人がいるかもしれません。

しかしこの本でに提案されている食事法はいわゆる断食とはだいぶ異なり、誰でも無理せず好きなものを食べながら空腹がもたらす効果を享受できるお得な方法でございます。

できるだけ辛い思いをせずに空腹の時間を作るメソッドが本書では語られているのです。

長くなりましたが次は具体的な16時間断食の実践方法について記事をまとめていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました