【副業】美容・健康ブログはオワコン?美容ブログアのアクセスUPとキーワード選定ポイント2つ/希望アリ

ブログ
ナヤムさん
ナヤムさん

美容系のブログを始めたけど全然アクセスが来ないなぁ‥

副業ブームでブログをはじめて美容・健康系のオススメ記事などを書いたブログを苦労して始めたけど、収益化がなかなかできない‥全然アクセスが来ない…

こんなお悩みのブロガーの方は多いといいます。

今回の記事ではそんなブログジャンル(美容・コスメ・健康)を選んだ方向けのに『なぜアクセスが来ないのか?』『アクセスアップの秘訣』を私自身の実体験をもとに記事をまとめていきます。

スポンサーリンク

そもそも美容系ブログはなぜ稼げない?

四年前の2017年にGoogleのSEOアップデート(健康アップデート)がありました。

その際に美容・健康系ブロガーの表示順位が大幅に下がるという出来事が起こったのです。

美容系の商品でアフィリエイトをして稼いでいたブロガーさんたちの多くが検索表示順位を落としアクセス数や収入が激減…

多くのブロガーさん達が稼げなくなってしまい諦めてやめた方もいたとか…

運営者
運営者

ではなぜ美容系の記事で稼げなくなったのでしょうか?

このあと私のサイトデータをもとにお伝えしていきますね。

2017の健康アップデートとは

健康アップデートとは2017年12月6日に実施された、医療や健康に関連する情報の精査を目的としたアルゴリズム更新のことです。

これがなぜ必要だったかというと検索の結果に、医学的根拠の無い情報が多く上位に表示されていたことが問題だったから。

アップデート対象は医療や健康の検索でしたが、今後はそれ以外のYMYLに関する検索クエリに対しても継続的に改善を加えていくということをGoogleは明言し、その後に実行していきました。

YMYL関連のキーワード

YMYL(Your Money or Your Life)とは、カンタンに訳すると「あなたのお金と人生」で、将来の幸福、健康、金融など、人々のお金や人生に影響をあたえかねない『キーワード』『サイトページ』の事。

E-A-Tの考えに基づき検索表示順位が決まるようになり、ゆえに個人のブロガーの記事はSEO対策が難しくなってしまったのです。

E-A-Tとは?

E-A-Tとは、Expertise(専門性)Authoritativeness(権威性)Trustworthiness(信頼性)の3つの概念の略。 E-A-Tが高ければ、そのWebサイトやページの品質評価が高まり、検索結果の表示順位への影響も考えられるため、SEOの観点からも重要な概念。

美容・健康系のブログサイトの変化

それでは体験をもとに具体例を出しながら解説をしていきますね。

美容カテゴリのキーワードの例

例えば人気のブログカテゴリの『脱毛』

現在この分野では検索表示順位がほぼ医療クリニックや広告を支払いをして上位表示させている脱毛サロンばかり。

脱毛サロンに関してはどこのサイトもしっかりSEO対策をしたキーワード選定をした記事がズラリ。

どんな有益な記事を書いても個人のブログの上位表示は難しくなっています

健康に関するキーワード

仮にキーワード『睡眠』を狙って記事を複数書いていくとします。

その記事の目的は睡眠に関するアフィリエイト商品・サービスにつなげていきたいと考えます。

表示の順位を確認すると、やはりここも企業のサイトが上位表示されてしまい、個人ブロガーの上位表示は望めない状況。

さらに企業サイト内ではE-A-T対策として医師のインタビュー記事を掲載したり、何か睡眠に関する資格をお持ちのライターが記事を専門的に執筆しています。

かなり有益な内容のものをかなり量産してサイト掲載をしています。

今は企業もサイト運営(ECサイト)に力を入れていて、外部にサイト運営を委託しこのような現状となっています。

美容・健康系の個人ブロガーはどうすればいいのか?

運営者
運営者

ここまでだともう勝ち目はないのか…なんて考えてしまいますが、まだ『抜け道』や『希望の光』はあると考えています。

その方法はできる限りYMYLキーワードを避け

【時事ネタ・ニッチなキーワード選定が必須】となります。

キーワードえらびに関してはもう一点

【ロングテールキーワード】を狙うことが必須となります。

美容・健康系ブログ時事ネタ・ニッチなキーワード選定

実際に時事ネタ・ニッチなキーワードを狙ったデータをお見せします。

この時はオリンピック開催中だったこともあり思いつきで試しにそれまでは無名のメダル候補スポーツ選手の名前を使い記事を量産しました。

そうすると開始から丸3ヶ月たっていた本当にアクセスの少ないブログのアクセス数が急増。

狙って書いた選手がメダルを獲得しメジャーになったことが原因。

おかげで1日でアクセスが800人ページビューは900前後になりました。

Googleアナリティクスのリアルタイムユーザー数(過去30分の利用ユーザー)も120人を超えるなど驚異的な伸びを記録しました。

30分に120人が訪れればGoogleアドセンスの収益もわずかですがありますし、Amazonアフィリエイトの収益も開始わずか90日のブログでも収益化ができました。

ここはわずかながらゼロイチになり本当に嬉しかった!

ちなみにその頃書いた記事はこんな感じ↓

Analytics ブログ開始は2021 5月4日くらい

オリンピックのニッチな時事ネタキーワードのブームが終わりましたが、サイトビュー数が多いとGoogleからのサイト評価が上がり、ピーク時からは落ちはしましたが現在は月に5000~6000くらいになる予想です。

一度爆発的にアクセスが来るようになると現在はブログ開始五ヶ月目ですが少し安定してアクセスが来るようになりました。

まだまだ少なくお恥ずかしいのですが…💧

美容・健康系ロングテールキーワードを狙う

ロングテールキーワードとは

ロングテールキーワードとは、複数のキーワードの組み合わせで考えた検索キーワードのこと。

月間検索回数(ボリューム)が1万回を超えるようなビッグキーワードを軸にして、3〜4の単語数で構成します。

一般的な目安として、ロングテールキーワードは月間検索ボリュームが千回未満と少ないものになります。

月間検索ボリュームは確かに少ないのが、競合が少なく検索表示順位は上がりやすいです。

例えば大人の女性に向けて【ベット】を売りたいとします。

その際に考えるロングテールキーワードはこんな感じ。

【40代 女性 腰痛 ベット】

あくまで例として見て頂きたいのですが、ロングテールキーワードの考え方がわかってもらえたはずです。

こうやって月間数百~数千の上位表示ができれば商品のアフィリや記事量産ができればアクセスも見込めます。

正直、企業の作り込んだサイトの網目をくぐる『ロングテールキーワード』探しは非常に難しいのですが、やりがいはあり見つけたときは本当に嬉しい!

弱者は弱者なりの戦い方をしないと再度SEOアップデートがない限りかなり難しい戦いになります。

自分で選んだフィールド、最後まであきらめたくないものです。

まとめ

美容・健康系のブログをやる際は以下の点を気をつけましょう。考えないといつまでも頑張ってもアクセスは来ないので。実証済み(笑)

■時事ネタ・ ニッチなキーワード を狙う

■ロングテールキーワードを理解して狙い撃ち

この2つが美容・健康系のブロガーのポイントになってくると思います。

楽しく継続していきたいってだけなら美容系の書きたいことをかくのがベストだと思います。

しかしアドセンス(アクセス)やアフィリエイト狙いならブログの勉強や、今回紹介した2点に注意していく必要があります。

どちらにせよ自分の成長を楽しむこと、だけは忘れないようにしたいところです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました