【最新ベーシックインカム制度】のメリット・デメリット本当に必要?

ブログ
スポンサーリンク

ベーシックインカム制度のメリット・デメリットの話し

2020年から新型コロナの影響で今まで繁盛していたお店がある日突然閉店したと言うことが起こっています。

そんな時でも安心して生活するための制度についての議論が近年出てきています。それが今回の題もなっているベーシックインカム。

ベーシックインカムはどんな制度なのかメリットやデメリットについて調べてみて分かった事を書いていきます。

ベーシックインカムのメリット デメリット

ベーシックインカムのメリット デメリット

ベーシックインカムのメリット

  • 貧困対策
  • 労働意欲向上
  • 労働環境の改善
  • 社会保障制度の簡素化とコスト削減

ベーシックインカムのデメリット

  • 財源の確保
  • 個人への責任負担が増大
  • 労働意欲の低下
  • ベーシックインカムの事例

ベーシックインカムとは?

ベーシックインカムとは簡単に説明すると【最低限生きていけるだけの金額を全国民に一人ひとりに定期的に支給する仕組み】です。

この仕組みが日本で注目されるようになったのは昨年の新型コロナの対策で行った現金給付がきっかけです。

2020年はコロナの影響で求人が減り、失業がもう間近に感じられた一年でした。日本だけでなく、世界中で失業したら生活ができるのか、いきていけるのか?と言う不安が渦巻きました。

そんな時に国から全国民へ向けた1人10万円の給付がありました、皆さんはこのお金を何につかいましたか?

このコロナ給付金はは異例の政策ですが、もしそれが毎月続いたらと考える人が増えてベーシックインカム議論は強まりました。

昨年、韓国がベーシックインカムに積極的な姿勢を示したり、アメリカやアイルランドでも実証実験をすることが決まるなど、世界中でその導入が議論されています。

またベーシックインカムに似た制度に生活保護もありますが、一体何が違うのでしょうか?解決できるとされているのはどちらも貧困です。

ベーシックインカムと貧困

ベーシックインカムと貧困

生活保護は受け取れるはずの人のうち、実際に受給している人はたったの約20%とする研究があります。

セーフティーネットとしての生活保護の役割が残りの80%の人には届いていないと言われています。これに対しベーシックインカムでは国民全員に支給することで衣食住 に困る人は減るのではないかと考えられています。

ベーシックインカムのメリットは貧困対策以外にも介護や子育て中のが無理に働く必要がなくなるなど考えられます。これは団塊世代が今後要介護の年齢が近づいてますので必ず社会問題になります。

あと面白いのがベーシックインカムはお金持ちにも給付するという特徴があります。どれだけお金持ちでもコロナの給付金のようにもらえるわけですね。ベーシックインカムが導入される未来が来たら使いみちを聞いてみたいものですね。

ただ問題なのはある一定のラインで支給されるされないとすると支給ラインギリギリの人は働かないほうが所得が多くなることも考えられ働く意欲が下がるかもしれません。

支給の審査など無駄なコストをかけずに生きていく分のお金が給付されるのです。

しかし最低限生活できる水準を支給するとなると莫大な費用が必要になります。

ベーシックインカムの費用は?どこからでるのか?

例えば試算でも度々登場する1人70000円を支給する案なら約100兆円が必要になります。何で賄うかと税金です。税率を上げる必要があるとの見方もあります。

他にも炭素税やデジタル税、AI税、ロボット税など新たな風を導入する案もあります高所得者や企業にとっては今以上に税負担が増える可能性が考えられます。これは反対が起きることは予想されます。

他にも一部の社会保障制度を廃止して財源を確保する必要があるとの見方もあります。

ベーシックインカム論をあなたがどう考えるのか?

ベーシックインカム論をあなたがどう考えるのか?

今回紹介した以外にも様々な論点や見方があります。

みんなが納得するような正解はなく社会問題の何を重要視するかや、働くことをどう捉えるかまた個人の経験や境遇にもよって意見が変わってきます。

あなたはどう考えるでしょうか?

最後にホーキング博士の言葉

ベーシックインカムについてはあのスティーブンホーキング博士の生前の発言で

「富を再分配しなければ人類は貧乏になる」

「ロボットが必要なものを全て生産するようになれば、富の分配をどうするかによって結果は大きく違ってくる」

「もしロボットが生み出す富を皆で分け合えば、全員が贅沢な暮しをできるようになる。逆に、ロボットの所有者が富の再分配に反対して政治家を動かせば、大半の人が惨めで貧しい生活を送ることになる。今のところ後者の傾向が強い。技術革新で富の不平等は拡大する一方だ」

答えはベーシックインカムにあるのかもしれませんね。

最後までお読みいただきありがとうございます。またぜひこのブログを訪れてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました