今日から見直す!【女性向け】美容に効果的なバスタイム方法

ボディケア

毎日何気なく入っている「お風呂」には、私たちが思っている以上に、健康を促進してくれる効果があります。

より効果的に、より美容・身体にとって良い入り方をまとめていきます。

スポンサーリンク

お風呂のはいりかた。

疲労回復に効果的な入浴法は【40°Cで10分の全身浴】がオススメです。

あつい湯は避けてリラクゼーション・副交感神経優位を意識しましょう。


バスタイム、お湯に入ることで得られるのが温熱効果ですが、42℃以上の熱すぎるお湯では交感神経のスイッチが入り、体が緊張状態になってしまいます。

先生
先生

熱めのお風呂は血圧が過度に上昇し、のぼせてしまったり血栓ができやすくなることも‥本来は身体のための入浴なのに逆効果。怖いですよね‥

最適なのは40℃のお湯に無理をせずに10分間つかること。

この温度、時間により副交感神経が優位に働くことに加え、体温が約0.5~1℃上がり、血流がよくなります。肩こりや冷え性でお悩みのかやに特におすすめです。

一時大ブームだった半身浴は体を温めるのに時間がかかってしまうので、体全体を湯船につけるのは、関節や筋肉をゆるませる浮カや水圧の効果も下がるので疲労回復には全身浴がおすすめです。

とくに疲労感が強い場合の入浴


お風呂とシャワーで温冷交代浴をしてみましょう。
温冷交代浴とは温かいお湯につかったあと、冷たい水につかることで、血管を広げたり収縮させたりして、疲労物質を除去する入浴法。

この【 温冷交代浴 】はアスリートが疲労回復、乳酸のを取り除くために運動後に行うことでも知られています。

家庭のお風呂で 温冷交代浴を行うなら、40℃以上の湯船に3分間つかったあと、約30℃くらいの冷たいシャワーを浴びましょう。

冷水シャワーは手足の末端から体の中心部に向かって約1分間浴びます。※ココは無理せず不快感がない程度におこないましょう。

以上を3回繰り返して、もう一度温かい湯舟に入り直し、血流をよくして最後に冷水をかけて終了です。

先生
先生

最後に冷水をかけることにより身体の余計な「のぼせ」「ほてり」をなくすことができます。

美肌のために入浴後10分以内の保湿


よっクリとしたバスタイムの後は、乾燥した肌を美容のためしっかりとケアしましょう。

42℃以上の熱いお湯は、入浴後60分以上たったときの肌の水分量が少なくなることがわかっています。

湯温はやはり38~40℃が適温です。肌のセラミドが入浴中に溶け出していくので、乾燥肌でお悩みの方は極端な長湯はNG。

入浴の際は保湿系の入浴剤を使用するのもオススメ。きめ細かな肌になるに加え、お風呂上がりの急激な乾燥から守る効果もあります。

入浴によって肌の水分量が増えている、風呂上がりの10分以内に保湿しましょう。

Amazon>>人気のボディークリーム

豆知識

乾燥が気になる方は、入浴後に浴室内でタオルで身体を拭き、浴室内の湯気のある中で保湿剤をつけるようにすると、入浴後の急激な乾燥からお肌を守ることができます。

浴室内の湿気でボディークリームが伸びやすいというメリットもあります。

香りやBGMを活用する

五感が刺激され、深い呼吸がしやすいお風呂ではリラクゼーション効果のある香りも取り入れたいもの。

好みの入浴剤を使うのもいいですが、家族と一緒で使いにくい場合もあるかもしれません。

そんなときは、洗面器などにお湯をためて、エッセンシャルオイルを数滴垂らして。香りが広がり、リラックスすることができます。

豆知識

スマートフォンを防水のケースに入れて音楽や、せせらぎなど自然の音を流すとリラクゼーション効果がさらに高まります。

ただし、ブルーライトで脳が興奮状態になるので湯舟でスマホをいじるのは避けましょう。

水分補給には


入浴後の水分補給には麦茶、牛乳、スポーツドリンクがオススメ。


麦茶は汗と一緒に失われるミネラルを補給でき、血栓の予防にもなります。

牛乳はたんぱく質が含まれる分、体内への吸収率がアップします。スポーツドリンクもブドウ糖が吸収を早めてくれるのでおすすめ。いずれも水よりすばやく体内に吸収され、入浴後の水分補給に適している飲み物です。

お風呂上がりの過ごし方

現在はスマホの普及で夜遅くまでお友達屋との連絡やSNSを見てしまいがちですが、お風呂上がりの時間は入眠までの大切な時間。

理想は体の疲れをほぐすストレッチ。1日の疲れた筋肉を優しくほぐしてあげましょう。

ゆっくりと体をほぐすことでより良い入眠を得ることができます。

眠る時間より逆算して快適な入眠を


生活環境の変化などで不安の多い昨今、寝つきが悪くなっている人も増えています。

快適な安眠のカギは実は体温にあります。

入浴後いったん体温が上がったあと下がっていくときに、深い眠りに入ることがわかっています。

そこで活用したいのがお風呂の時間の調整。寝つきたい時間の1時間半前に40℃のお風呂に入り、ほどよく体温が下がったタイミングでベッドへ行くようにしましょう。

いつもよりも深い眠りが訪れます。

体温は手先、足先から放出されるので、眠るときは靴下を脱ぐのがおすすめです。

まとめ

今回の記事では日々の疲れを癒すバスタイムを、どのように入ればより効果的で美容面で良いのかをまとめてみました。

その日の疲れをその日のうちに解消して、いつまでも若々しい自分をキープしていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました