【自宅でかんたん腰痛改善】まずはセルフケアできる腰痛の4種類を知ろう!

ボディケア
悩む女性
悩む女性

仕事の疲れなのかな?急にコシが痛くなってきたんっだけど…歳のせい…?

パソコン、スマホのやり過ぎなどによって、20代以下の若者までなってしまう、私達に身近な「腰痛」。

タイプによっては痛みが繰り返す怖さもある腰痛。仕事や家庭が忙しいと病院や整骨院に通うことができませんよね…

そこで今日は自分でケアできる腰痛の解説をしていきます。

今回の記事は

「まずは腰痛の種類を知り、自分がなんの腰痛か知ろう!」をテーマに記事をまとめていきます。

スポンサーリンク

なになにっ?急に腰に痛みが…!

現在日本人が抱える自覚症状で最も多いのが腰痛

ですが腰痛と言っても、その種類は沢山あり、それぞれに対処法も異なります。

あなたの腰痛タイプを突き止め、自分でできるケアを見てみましょう。

腰痛のタイプは大きく分けると2タイプ

腰痛を大きく分けると2つあります。

手術が不要な腰痛

2手術が必要な腰痛

お話しをしたいのは①の一般的な手術が不要な腰痛。自分でのケアの方法を覚えていきましょう!

お尻腰痛

お尻腰痛は、お尻近くにある仙骨のつけ根の歪み、無理な体制や動かしすぎなどで炎症が原因で起こります。他にも足を使ったスポーツをされている方に多く起こります。

誰でも簡単にできるストレッチはコチラからチェック↓

イスに座っておこなう殿筋ストレッチ

筋肉の使いすぎ腰痛

誰でも一度は経験のある筋肉の使いすぎによって起きる、いわば筋肉痛で、身体の使いすぎた場所に炎症が起きてしまいます。

中腰になって作業する仕事、肉体労働者や、デスクワークなどで同じ姿勢を長時間続ける人にも多く見られます。

湿布を貼ったり、炎症を抑制するクリームやゲルを使ったり、セルフケアとして疲れた直後かお風呂上がりに無理のないようなストレッチをする、横になったときに片方ずつ痛い場所をやさしく痛みのでないようにほぐしてあげると改善します。

Amazon>>人気の湿布

さ猫背からの腰痛

猫背は『前屈腰痛』といいます。

この腰痛は椎間板に痛みがでて、前かがみの姿勢をとったときに、普段の姿勢の悪さの影響から椎間板が圧迫されて痛みが出ます。

女性など背筋が弱い人に起きやすく、猫背や前かがみになりがちな座り仕事、デスクワークの人にも多いようです。

この腰痛は、揉みほぐしても良くならないのが特徴です。

猫背の矯正ベルトを使ったり他にもストレッチが効果的。

何より普段から正しい姿勢の意識が大事になります。

Amazon>>猫背矯正ベルト

簡単な自宅でできるストレッチをご紹介します。

  • バスタオルのようなものを筒状に丸めます。ある程度の厚みをだすと反り返りが強くなります、お好みで調整をしてください。
  • リラックスした状態で仰向けになり、丸めたタオルを肩甲骨の下辺りにおきます。
  • 仰向けの状態ののままで、寝ながらバンザイの体勢をして身体を反らせます。あごを引くと患部が伸びてより効果が得られます。この状態でゆっくり呼吸をしながら1~2分キープ。※ はじめは無理せずに痛みを感じたらすぐにやめてください。これを痛みが出ない程度に止め数回繰り返します。
  • あなたの腰痛はどれに当てはまりましたか?忙しい毎日でも 自分でケアすることにより 少しでも緩和することができます。改善方法を実行していきましょう!

    次のブログではおすすめの対処法をご紹介します。

    タイトルとURLをコピーしました